双葉文庫<br> 沖晴くんの涙を殺して

個数:
電子版価格
¥600
  • 電書あり

双葉文庫
沖晴くんの涙を殺して

  • 提携先に3冊在庫がございます。(2024年06月18日 18時59分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 352p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784575526967
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

北の大津波に呑まれて喜び以外の感情をなくした孤独な高校生・沖晴が、余命1年の音楽教師の京香と出会い、『心』を取り戻していく。泣いたり笑ったり、怒ったり、あたりまえの『感情』はこんなにも愛おいものだったのか。海と階段の美しい街で、沖晴の歌声と京香のピアノが儚くも優しく共鳴する。感動の青春小説が待望の文庫化!

内容説明

11年前、北の大津波に呑まれた沖晴は死神と取引をしたという。人間の五大感情のうち『悲しみ』『怒り』『嫌悪』『怖れ』を差し出し、『喜び』だけが残されて生還した。高校生となった沖晴が瀬戸内の階段町で出会ったのは余命一年の音楽教師・京香だった。笑うことしかできない沖晴は京香と心を通わせることで次第に感情を取り戻していく。沖晴は京香の命が尽きる前に普通の少年に戻れるのか。感動の傑作青春恋愛小説、待望の文庫化!

著者等紹介

額賀澪[ヌカガミオ]
1990年生まれ、茨城県出身。日本大学芸術学部文芸学科卒。2015年に『屋上のウインドノーツ』で第22回松本清張賞を、『ヒトリコ』で第16回小学館文庫小説賞を受賞しデビュー。16年、『タスキメシ』が第62回青少年読書感想文全国コンクール高等学校部門課題図書に(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

よっち

30
病気で余命一年の宣告を受けて教師を辞め故郷に戻ってきた桶場京香。そこで北の大津波で家族を喪い引っ越してきたという、笑うだけの不思議な高校生・志津川沖晴と出会う物語。常に微笑み、スポーツ万能で一度覚えたことは忘れず、驚異的な治癒力を持った沖晴が抱える秘密と孤独。感情を失った沖晴と余命のない京香の出会いをきっかけに、少しずつ沖晴が自らの感情を取り戻してゆく展開でしたけど、様々な想いを積み重ねた結末は残酷で、けれどその忘れられない思い出を胸に刻みながら、未来へと希望を見出してゆく姿がとても印象に残る物語でした。2023/10/10

なみ

20
津波に呑まれたときに、死神から負の感情を奪われ、『喜び』だけが残された高校生の沖晴。 彼は余命1年の京香と出会い、1つずつ感情を取り戻していく。 少しずつ人間らしくなっていく沖晴と、死が迫ってくる京香の対比が印象的でした。 2人の関係性も素敵で、だからこそ離ればなれになってしまうことに胸が苦しくなりました。 ただ悲しいだけの話ではなく、読んだあとに前を向けるような、爽やかな作品です。2023/11/05

ぽっぽ

18
いろんな要素がいっぱいの作品、難病物かと思いきやそう単純ではない。津波で家族を失い、笑う以外の感情を失った沖晴は、悲しみに押しつぶされないための自己防衛であったか。余命宣告された京香との触れ合いの中で、少しずつ失った感情を取り戻す過程には痛みも伴います。生と死の狭間で揺れ動き、積みあがっては壊れる心の描写が秀逸。期待以上の作品でした。2024/04/26

NAOAMI

15
余命1年の京香が、震災で家族を喪った高校生男子と出会う。彼はネガティブな感情をも無くし、記憶力抜群・スポーツ万能のスーパー高校生。序盤はシリアス設定なのにコメディか。でも章ごとに震災の体験を辿り傷つくたびにネガティブな感情が戻ってくる。しかし彼にはそれをコントロールする術がない。京香の余命は確実に減っていく。普通の大人でも感情を抑制するのは難しいし、周囲が期待する行動を伴わないことも多々。内面をここまで深く知らなきゃ他人の行動なんて理解できないよな。「生」なる〆で彼の心が温かさに包まれた終わり方が程良き。2023/12/02

ヨシ

12
今の私に必要な本に会えた喜びを、どう書いたら良いのだろう。沖晴は津波で家族が全員亡くなった中、死神に人間の悲しみ·怒り·嫌悪·怖れの感情を渡し、生き延びた高校生。喜び以外の感情をなくした沖晴が、余命1年の音楽教師の京香と出会いその感情を取り戻していく1年が、京香の亡くなった後の物語と交互に語られていく。マイナスの感情があるからこそ、次への一歩が踏み出せるのだ。今はこの心の痛みすら愛おしい。本の神様、私にこの本を届けてくれてありがとうございます。私も沖晴くんと一緒に、ちゃんと生きていきます。2023/11/25

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21515476
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。