双葉文庫<br> 旅は道連れ、夜は情け

個数:
電子版価格 ¥561
  • 電書あり

双葉文庫
旅は道連れ、夜は情け

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2019年10月18日 15時59分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 282p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784575521863
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

雑貨屋を営む鶴田倫太郎は男やもめの52歳。仕入れの名目で各地を旅している。京友禅の名匠のもとで働く、32歳の茜里の身の上話を親身に聞いていると、茜里の手が股間に伸びてきて…。「ああっ、あかん、イク!」。方言交じりの喘ぎ声に大興奮。角館では、世が世ならお姫様という、名家出身の秋田美人・貴和子と知り合い、仕事の相談に乗った倫太郎。せめてものお礼にと、倫太郎の寝床に長襦袢姿の貴和子が現れて…。小樽、鎌倉、仕入れならぬ全国チン入れ旅、書き下ろしエロス!

著者等紹介

霧原一輝[キリハラカズキ]
1953年愛知県生まれ。早稲田大学文学部卒。『蜜楽さがし』(双葉文庫)が『この文庫がすごい!2010年版』で官能文庫大賞銀賞を受賞するなど、著書多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

鎌倉で雑貨屋を営む52歳の鶴田倫太郎は、仕入れと称して全国各地を旅している。京都で京友禅の工房に勤める32歳の茜里と知り合い、なりゆきで数年ぶりのセックスにありつく。オジサンゆえにスローセックスだが、体力の不足を、褒め言葉で気分を盛り上げてカバー。そして、小樽では元同僚のムチムチOL、角館では和服の似合うバツイチ美人との出会いが待っていた。

霧原一輝[キリハラ カズキ]
著・文・その他