双葉文庫
バイバイ、ブラックバード

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 361p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784575515657
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

星野一彦の最後の願いは何者かに“あのバス”で連れていかれる前に、五人の恋人たちに別れを告げること。そんな彼の見張り役は「常識」「愛想」「悩み」「色気」「上品」―これらの単語を黒く塗り潰したマイ辞書を持つ粗暴な大女、繭美。なんとも不思議な数週間を描く、おかしみに彩られた「グッド・バイ」ストーリー。特別収録:伊坂幸太郎ロングインタビュー。

著者等紹介

伊坂幸太郎[イサカコウタロウ]
1971年千葉県生まれ。東北大学法学部卒業。2000年『オーデュボンの祈り』で新潮ミステリー倶楽部賞を受賞し、デビュー。04年に『アヒルと鴨のコインロッカー』で吉川英治文学新人賞を、「死神の精度」で日本推理作家協会賞(短編部門)を受賞。08年には『ゴールデンスランバー』で本屋大賞と山本周五郎賞を受賞した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェネツィア

881
これまでに読んだ伊坂作品(まだ少数なのだが)の中では最も荒唐無稽にしてエンターテインメント性の高いもの。まずは何よりも身長190cm、体重は200kgの繭美という超弩級のヒロイン(?)の存在。そして、普通のサラリーマンのはずの一彦に5人もの個性的なガールフレンドがいるという設定。もっとも、それは伊坂氏の理想の女性を5人並べてみたというこに過ぎないのかも知れないが。「あれも嘘だったの?」(表現はそれぞれに異なるが)に始まる小説の展開は実にスピーディ。その推進力に読者はいつしか伊坂ワールドに取り込まれてゆく。2017/03/25

ehirano1

667
こういうの好きだなぁ。各章が最終章できちんと纏る連作短編。1つ1つのエピソードは深刻ながらもウイットに富んでおり(本作は、爆笑モノでしたが・・・)、読後は爽やかな余韻に浸りました。エンディングもこれがベストではないでしょうか。バイクのエンジンは掛かったのか?バスの正体?それは読者各々で分かれるのではないでしょうか。その方が良いですよ、きっと。2017/09/02

トゥクトゥク

497
この小説は繭美につきますね。最後の章が素晴らしすぎる。伊坂幸太郎さんの作品からはいつも、登場人物に対する作者の良心を感じられますが、今回は、それらが凝縮した結晶のような名シーンだったと思います。読み終わったとき、いつかまた読もうと読者が思う小説は幸せだと思う。これがそうでした。2013/04/01

めろんラブ 

468
太宰治「グッド・バイ」は脱力感溢れるユーモアが心地よく、未完の絶筆がとにかく無念で。本書はそのオマージュとのこと。企画倒れでは、とこわごわ読み始めて・・・超絶の泣き笑い波状攻撃に胸ぐらを捕まれて、想定外のKO。登場人物の造形が物語の躍動感と相まって、どんどん熟成していくのが嬉しい読み応え。何より魅力的なのがヒロインの繭美。トリックスターとしても余りある存在感は、190cm、200kgという小結・逸ノ城関(絶賛夏場所中)並みの体躯とキレ・破壊力抜群の悪役的言動から。その潔さが格好良すぎて、うっかり惚れそうw2015/05/15

ダイ@2019.11.2~一時休止

434
どうしても繭美がマツコデラックスに変換されてしまう作品。女性陣のキャラがイイ。2014/06/06

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6458139

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。