都市を滅ぼせ―目から鱗の未来文明論

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 238p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784575306804
  • NDC分類 361.78
  • Cコード C0095

内容説明

繁栄や利潤にこだわり、恐竜と同じ道を辿るのか?愉楽や便利さと決別し、土と共に生きるのか?

目次

第1章 都市の悪
第2章 都市と田舎
第3章 都市の起源
第4章 都市を滅ぼせ
第5章 都市からの離脱
第6章 都市の自滅
第7章 民族皆農
第8章 独立農業
第9章 都市と食糧

著者等紹介

中島正[ナカシマタダシ]
1920(大正9)年、岐阜県生まれ。陸軍工科学校卒。台湾で終戦をむかえ、歸國後現在まで岐阜の山間地にて小農暮らしを続けている。1954(昭和29)年より、自然循環型自給自足農業の一環として養鶏を始める。「薬を与えず自然を与えよ」の考えで小羽数、平飼いによる自然卵養鶏の飼育技術を確立し、養鶏に関する記事や書籍を数多く執筆。また江戸時代中期の思想家、安藤昌益の研究家としても知られ、農耕をよりどころにする生き方を自ら実践し説いている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。