ムゲンのi〈下〉

個数:
電子版価格 ¥1,540
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

ムゲンのi〈下〉

  • 知念 実希人【著】
  • 価格 ¥1,540(本体¥1,400)
  • 双葉社(2019/09発売)
  • 秋の夜長 全店ポイント2倍キャンペーン(~9/23)
  • ポイント 28pt
  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年09月23日 18時03分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 364p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784575242096
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

次々とイレス患者のマブイグミに成功する識名愛衣。患者たちの心の傷は最近都内西部で頻発する猟奇殺人と繋がっていることが次第に分かってきた。しかも、この事件は23年前の少年Xによる通り魔殺人とも繋がっている。少年X……それは愛衣自身の忌まわしきトラウマでもあった。過去を乗り超えるため、患者を救うため、愛衣はこの難事件の真相究明に挑む。

『崩れる脳を抱きしめて』『ひとつむぎの手』
2年連続本屋大賞ノミネートの著者最新作、感動のフィナーレ!

内容説明

眠りから醒めない四人の患者、猟奇的連続殺人、少年Xの正体。すべては繋がり、世界は一変する。一気読み必至、感動の結末。

著者等紹介

知念実希人[チネンミキト]
1978年生まれ。東京慈恵会医科大学卒業後、内科医に。2011年、ばらのまち福山ミステリー文学新人賞を受賞し、『誰がための刃 レゾンデートル』(『レゾンデートル』に改題して19年に文庫化)でデビュー。18年に『崩れる脳を抱きしめて』、19年に『ひとつむぎの手』が続けて本屋大賞ベスト10入りを果たす(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」によるものです。

ウッディ

463
上巻で感じた違和感は、4人目のイレス患者が誰かという謎が明らかになるとともに腑に落ちた感じでしたが、夢幻の世界と現実との境界があいまいになり、頭の中がこんがらがってしまった。母を奪った大量殺人犯である少年Xが、名前を変えて精神科の教授になり、患者を洗脳するという設定は、無理があるような・・。伏線を回収して上手く収めた感はあるものの、すっきりしない読後感でした。医療とミステリーとファンタジーを融合した意欲作ではありましたが、色んなものを盛り込み過ぎて、中途半端になってしまった印象でした。2020/11/18

bunmei

458
上巻から、より一層のファンタジー色が濃くなる一方で、連続殺人事件の真相にも迫るサスペンス要素も深まります。物語に描かれた夢幻の世界観に、自分もどっぷり浸かって、最後の頁を閉じました。上巻からのイレス患者の4人や少年X、それらと愛衣との関係性など、様々な伏線が綿密に練られており、知念氏の構成の巧みさが見事なストーリー展開。最後のラスボス登場場面は、RPGを楽しんでいるような感覚でした。「夢幻の愛衣」は「無限の愛」に包まれていることを知ることで、表題の著す意味にも大いに納得し、温かさを残す幕引きとなりました。2019/10/31

Yunemo

422
何故だか、分からずのままに。現実に起きてる事件とファンタジーの世界の融合なんでしょうけど。夢幻の愛衣から無限の愛に辿り着くまでの行程?3人のイレス患者の原体験こそが本質であり、救うべき愛衣自身の心情になかなか到達できずに、モヤモヤした感が最後まであって。でもこういうことかと、何となく感じていたままに。もう一つ、現実の世界で、23年にも亘って殺人という快楽性から抜け出せずに生きてきた人格の存在って、あり?この仮面をかぶったままに生きてる人間って、今、多数存在。垣間見られる事件の概要、犯人の特殊性、現実にも。2020/02/24

Makoto Yamamoto

368
ムゲン・夢幻・無限、i、愛衣、愛への変化が面白い。 ストーリーも、夢が入れ子になっていたりして、幕間でようやく理解できたほど。 しかし、意味するこれほどの展開は想像していなかったので改めて、著者の他の本を読みたくなった。 本屋大賞にノミネートされたとのこと。 対象になるのは当然で、大賞をとれるかが興味の的。2020/01/23

しんたろー

349
謎が深まり、展開もスピードアップしてドキドキ!上巻にもあったホラー要素もパワーアップして「どれだけ欲張るのか!?」と思いながら読んだ(笑)。第4の患者の正体には驚かされたし、豊かな発想も脱帽ものだった。広げまくった風呂敷も上手に畳んだ印象だが、主人公の決着のつけ方は無理やり納得させられた感があって、スッキリしないのが唯一の難点…あれだけ殺しまくった犯人なのに…とは言え、単なるハッピーエンドではないのは悪くない。心情描写よりファンタジーが強く印象に残るので、大きく感動はしなかったが「夢中」で楽しめた良作。2020/03/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14297019

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社トリスタの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社トリスタ」にご確認ください。