PHP文芸文庫<br> 本所おけら長屋〈17〉

個数:
電子版価格 ¥620
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

PHP文芸文庫
本所おけら長屋〈17〉

  • 提携先に98冊在庫がございます。(2022年08月20日 04時37分現在)
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    ※1回のご注文は10冊までとなります
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 304p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784569901534
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報


サイン本はこちら

内容説明

江戸は本所の「おけら長屋」には、ひと癖もふた癖もある店子が揃って騒動の連続だ。廻船問屋を切り盛りする若く美しい女将に気に入られ、鉄斎が婿入りするという噂が流れるが…「はんぶん」。久蔵とお梅の子、亀吉が、寒天長屋の子供に怪我をさせたという。目撃者がおらず、それぞれの長屋の住人を巻き込んだ争いに発展し、ついにはお白州に呼び出され…「みなのこ」など、笑いと感動の四編を収録。文庫書き下ろし。

著者等紹介

畠山健二[ハタケヤマケンジ]
1957年、東京都目黒区生まれ。墨田区本所育ち。演芸の台本執筆や演出、週刊誌のコラム連載、ものかき塾での講師まで精力的に活動する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

しんたろー

186
今年の初笑いは、やっぱりこのシリーズ!万松を始めとしてレギュラー陣が溌溂としていて、まるで生きているかのように感じる。『げんぺい』はテンポ良い掛け合いが見事で漫才の発祥みたいで、声を上げて笑ってしまった。『みなのこ』の人情劇は長屋メンバーの絆に泣き笑いし、久蔵の愛情深さに拍手!他の2編も安定した面白さで「これぞ、おけら長屋だよなぁ」と、お気に入りのお菓子を味わうようにチミチミと読み進めた。お栄、お染の恋心が近い内に成就する事を期待しつつ早くも次巻が楽しみだし、いつまでも続いて欲しい大切なシリーズになった♬2022/01/15

初美マリン

119
楽しく読みました!おけら長屋らしいところを意識して入れながら、素敵なお話四編が出来上がりました。満足! 2021/10/16

やま

108
江戸は本所のおけら長屋の万造、松吉、八五郎たちがおりなす泣けて笑える人情噺です。 このままでも落語の台本として通じると思われる話しを、読み物にしたような物語です。展開が早く、涙あり、笑いありと飽きることなく物語が進んで行きます。毎回楽しみにしているシリーズです。 シリーズ17作目。字の大きさは…中。2021.11.25~28読了。★★★★☆ かえだま、はんぶん、げんぺい、みなのこ、の短編4話。特に「みなのこ」は、よかったです。2021/11/28

のり

105
「げんぺい」と「みなのこ」最高でした。さらに「お染」が嫉妬し顔にでるとは意外だった。それにしても「おけら長屋」に住む「久蔵」は、そうそうたるメンバーに毒されずに人として尊敬出来る人物である。この先も子の成長が楽しみだ。旦那達があれで嫁達もあれでは、まとまる話も広がるのは致し方ないが悪気も全く無いから一目置かれる事も多々ある。市中見回しても、こんな楽しい長屋はどこにもない。最高だよ。おけら長屋。大家さんは大変だけど。2021/11/04

アッシュ姉

103
お正月はおけらを読まにゃ盛り上がらん!ということでついに最新作。いやあ良かった。十七卷にして飽きないどころか、深みを増しつつ面白くて楽しい。次巻はいつかな?来年のお正月まで我慢できないので年に二冊はお願いしたいです。百巻まで読みたいです。2022/01/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/18278219

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。