香子〈5〉―紫式部物語

個数:
電子版価格
¥2,200
  • 電書あり

香子〈5〉―紫式部物語

  • ウェブストアに13冊在庫がございます。(2024年05月25日 02時10分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 496p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784569854557
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

源氏物語と紫式部を描き切った大河小説、堂々完結!
千年読み継がれる名作には、いかなる想いが込められていたのか――
一条天皇が崩御し、皇太后となった彰子のもとで取次役などを務める香子(紫式部)。「源氏の物語」に込めた本意をいち早く理解してくれていた同僚の女房が亡くなり、悲しみに暮れながらも、ついに最後の帖を完成させた。娘・賢子も彰子に仕えることになり安堵しつつ、「源氏絵」とともにこれまでの物語を振り返る。『源氏物語』とともに香子の人生を描くという、王朝文学の頂点に挑んだ歴史長編、最終巻。

内容説明

源氏物語と紫式部を描き切った大河小説、堂々完結!千年読み継がれる名作には、いかなる想いが込められていたのか―。新聞、ラジオ等で話題。王朝文学の頂点に挑む歴史長編、最終巻。

著者等紹介

帚木蓬生[ハハキギホウセイ]
1947年、福岡県生まれ。医学博士。精神科医。東京大学文学部仏文科卒業後、TBSに勤務。2年で退職し、九州大学医学部に学ぶ。93年に『三たびの海峡』で吉川英治文学新人賞、95年に『閉鎖病棟』で山本周五郎賞、97年に『逃亡』で柴田錬三郎賞、2010年に『水神』で新田次郎文学賞、11年に『ソルハ』で小学館児童出版文化賞、12年に『蝿の帝国』『蛍の航跡』の「軍医たちの黙示録」二部作で日本医療小説大賞、13年に『日御子』で歴史時代作家クラブ賞作品賞、18年に『守教』で吉川英治文学賞および中山義秀文学賞を受賞。小説のほか、新書、選書、児童書などにも多くの著作がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

花林糖

13
図書館本。最終巻。「早蕨」~「夢浮橋」の帖。香子物語は、故一条院の七七日の中陰が過ぎた頃~娘の賢子が亡くなる頃まで。『源氏物語』を書き終えた後も彰子皇太后に使え続けた紫式部。紫式部は59歳で没。賢子大弐三位までになり80歳過ぎまで生きた。全五巻とても読み応えがありました。(源氏物語は途中流し読み有り)「紫式部物語」は物語としてとても良く◎。2024/05/19

フロッグ

7
晩年の紫式部を描いた最終巻。合間に入る「源氏物語」がこんなに複雑なものとは。いつの時代でも、やっぱり恋愛話が盛り上がるんだなぁ。機会があれば、最初から読み直してみたい。2024/05/16

わっふる

2
源氏物語と紫式部物語の両方が楽しめた事と、それにプラスして娘の賢子にも触れてあり、読み応えが半端なかったです。全5巻読み切ってすごい達成感があります。2024/05/19

ekoeko

1
最終巻。源氏物語を書き終えた香子。浮舟のどっちつかずな態度がもどかしく、匂宮の病的な女好きに呆れる。2024/05/18

星菫

0
図書館本なので4・5巻を先に読んだ(順番指定予約もできるが敢えてしなかった)。某脚本家と違って真摯な姿勢での取り組みで安心した。また、時代は違っても同じ作家だから分かるのだろうと思う所も多かった。「紫式部は作中の和歌は上手なのに本人としての和歌はパッとしない」とは多くの人に指摘されているが、それへの箒木先生の考え方も納得できた。ただ、「千年後も……」なんて会話は、ちょっといただけなかった。物語篇が終わった後に「源氏絵」の章でまた始めからざっと思い出すことができたのは、とても良かったと思う。2024/05/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/21835188
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。