世界のビジネスエリートが身につける最高の教養 論語と孫子

個数:
電子版価格
¥1,500
  • 電書あり

世界のビジネスエリートが身につける最高の教養 論語と孫子

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年05月28日 18時40分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 312p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784569852409
  • NDC分類 123.83
  • Cコード C0034

出版社内容情報

ビジネスパーソンに必ず役立つ中国古典2冊、『論語』と『孫子』のエッセンスを1冊にまとめたのが、本書である。
『論語』には、一人前の社会人として立っていくには何を身につけなければならないのか、人の上に立つ人間には何が必用になるのかが説かれている。
また、『孫子』には、戦いに勝つにはどうすればよいかが書かれており、まさに兵法のバイブルともいえる。
この2大古典の知恵を身につければ、激動の現代を乗り切る方法が見えてくるはずだ。
本書では、『論語』の有名な「故(ふる)きを温(たず)ねて新しきを知れば、以って師たるべし」などを紹介するとともに、『孫子』では、「彼を知り己を知れば、百戦して殆うからず」の他、風林火山の元となった「その疾きこと風の如く、そのしずかなること林の如く、侵略すること火の如く、動かざること山の如し」なども紹介する。
90歳になった、中国古典解説の第一人者が、自らの体験も踏まえ、ビジネスパーソンの生き方の極意を説く。

内容説明

中国古典解説の第一人者90歳・守屋洋が、絶対に伝えておきたかった生き方の基本100。

目次

第1章 論語の人間学(学びて時にこれを習う;巧言令色、鮮し仁;君子の条件とは;人生の折り返し点;これが人間観察法だ ほか)
第2章 孫子の兵法学(先ず基本問題を検討する;将たる者の条件とは;戦いはだまし合い;勝算のない戦はするな;短期決戦をめざせ ほか)

著者等紹介

守屋洋[モリヤヒロシ]
著述家・中国文学者。1932年生まれ。東京都立大学大学院中国文学科修士課程修了。中国古典解説の第一人者として、著述、講演などで活躍中。研究のための学問ではなく、現代社会で中国古典の智恵をどう生かすかを説く。難解になりがちな中国古典を平易に解説する技術には、定評がある。現在もSBI大学院にて、経営者、リーダーに向けて、講義を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

Yossan

1
論語と孫子の解説書。どちらも愛読書籍なので、一冊にまとめられているのに魅力を感じ、購入しました。入門書という感じですが、分かりやすく説明してくれています。2022/07/07

Ayumi

0
孫子の兵法は人生を生きていく中で今でも十二分に活用することができるいわば人生のバイブルとも言える本。人生の処世術とも言える類のものである。著者は孫子の兵法を現代の生き方に適用できるよう解説しており、孫子の兵法を初めて読む人でも大変分かりやすい内容である。現代のビジネスにおいても活用できる術が分かりやすく解説されているあて、孫子の兵法の入門書としても最適である。2023/08/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19776089
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。