PHPビジネス新書<br> 2030年に勝ち残る日本企業

個数:
電子版価格
¥850
  • 電書あり

PHPビジネス新書
2030年に勝ち残る日本企業

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2024年05月19日 19時28分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 237p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784569850030
  • NDC分類 335.21
  • Cコード C1234

出版社内容情報

GAFA(グーグル、アマゾン、フェイスブック、アップル)をはじめとする米国のテクノロジー企業や、いずれGAFAのような巨大企業に成長する可能性を秘めたベンチャー企業には、共通する特徴があります。次の三つのメガトレンドに準じたビジネスを展開していることです。
(1)データを制するものが未来を制す
(2)業界の壁を越える(コングロマリット化)
(3)ハード/ソフトではなく体験が軸になる
そして、この三つのメガトレンドは、これから5年、10年と続くトレンドでもあります。
(中略)
本書では、日本の主要な業界における三つのメガトレンドの影響を深掘りし、具体的に、「どのような企業が、どんなサービスを手がけているのか」「これから先、日本企業が生き残るためには、どのような対応や施策を行なえばよいのか」について、お話ししていきます。できる限り、日本企業の取り組みや事例も紹介しています。
単に危機感を煽るような未来予測ではなく、グローバルなトレンドに乗って事業を成長させるための方策も示すことを目的としています。
――本書「はじめに」より

内容説明

GAFAや、いずれGAFAのような巨大企業に成長する可能性を秘めたベンチャー企業は、共通して、「(1)データを制するものが未来を制す」「(2)業界の壁を越える(コングロマリット化)」「(3)ハード/ソフトではなく体験が軸になる」という3つのメガトレンドに準じてビジネスを展開している。日本企業が「黒船」に淘汰されないためには、そのメガトレンドを理解しておかなければならない。業界別に豊富な事例を挙げ、日本企業の進むべき道を示す。

目次

小売―ECの覇者「アマゾン」に日本市場は席巻されてしまうのか?
自動車―日本を支える産業は「破壊」を免れるか?
ヘルスケア・保険―日本人のバイタルデータはGAFAに奪われてしまうのか?
金融―従来のビジネスモデルが破壊された先にあるのは?
家電―「スマートホームのOS」を握るアマゾン・グーグルとどう向き合うか?
メディア―日本の動画配信サービスはネットフリックスに対抗できるのか?
ゲーム―世界に誇る日本の「任天堂」がとるべき道とは?
農業―GAFAは未参入。市場を制覇するのは誰か?
食品―日本らしい「こだわり」を持って代替肉のトレンドに乗れ!
建設―優れた技術を誇る日本企業が世界のイニシアチブをとるには?
不動産―日本の不動産事業に「黒船」が乗り出す日は来るのか?
エネルギー―日本は化石燃料からクリーンエネルギーに転換できるか?
アパレル―ファーストリテイリングが時価総額世界一になった理由とは?
総合商社―GAFAに対抗し得る日本独特の業態。飛躍へのカギは?

著者等紹介

山本康正[ヤマモトヤスマサ]
1981年、大阪府生まれ。京都大学で生物学を学び、東京大学で修士号取得。ハーバード大学大学院で理学修士号を取得。修士課程修了後、グーグルに入社し、フィンテックや人工知能による日本企業のデジタル活用を推進。企業の顧問も務める。京都大学大学院特任准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。