PHP新書<br> 岩崎小彌太―三菱のDNAを創り上げた四代目

個数:
電子版価格 ¥880
  • 電書あり

PHP新書
岩崎小彌太―三菱のDNAを創り上げた四代目

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2020年10月21日 05時05分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 268p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784569846583
  • NDC分類 289.1
  • Cコード C0221

内容説明

150年の事業の歴史を支え続けるDNAはいかにして形成されたか―。波乱の時代、三菱の第四代社長は、自らの宿命に従いつつも、信念を貫き通す人であった。グループ企業としての完成や経営理念の確立において、継承者が、創業者を超えるほどの存在感を示した事例は、日本の経営史上でも稀有であろう。本書はその希代の経営者の事跡を辿る。企業の社会的責任について一貫した姿勢・考え方を維持し、社会のニーズに対応して需要者・消費者の利益に奉仕することを企業目的としたこの事業家から、時代を超えて、現代の経営者が学ぶべきところは多い。

目次

序 いまなぜ岩崎小彌太か
第1章 社長就任まで
第2章 社長就任と持株会社組織の確立
第3章 不況下の経営
第4章 恐慌から戦争の時代へ
第5章 戦時経済下の三菱
第6章 敗戦と財閥解体
結び 陣頭に立つ信念の人

著者等紹介

武田晴人[タケダハルヒト]
1949年生まれ。1979年、東京大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学(1988年、経済学博士)。同大学助教授・教授を経て、名誉教授。日本の財閥研究だけでなく、近世から現代までの日本の経済現象など研究対象は幅広い。1998年より三菱経済研究所の兼任研究員、2015年より同評議員をつとめている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

三菱グループ150年――偉大な創業者を超えて、その伸展の礎を築いた四代目の経営の核心に迫る! 日本経済史の大家による評伝。