復興への道をひらく

個数:
電子版価格 ¥1,400
  • 電書あり

復興への道をひらく

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2020年08月12日 19時05分現在)
    通常、ご注文翌日~3日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 253p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784569845449
  • NDC分類 369.31
  • Cコード C0030

目次

宮城県知事村井嘉浩さんに聞く 東北には「夢」が必要です
宅急便ひとつに、希望をひとつ入れて
超高齢社会への挑戦
町を明るく照らす灯台に
地域の人たちと共に歩む
地域の食文化を支える
避難住民の希望の灯りに
読者に“心の拠りどころ”を届ける
おいしいピザと安全な水を届ける
復興のシンボルとして笑顔で前進〔ほか〕

著者等紹介

小泉知加子[コイズミチカコ]
茨城県出身。河北新報社、読売新聞社東北総局の嘱託記者など12年間フリーライターとして活躍。その後、平成8年に女性起業家を応援する新聞マガジン「わんからっとエル」を創刊、平成13年宮城県仙台市青葉区に有限会社小泉プロダクションを設立、代表取締役兼編集長に就任。童話短編集『THE COCKTAIL PARTY』(詩学社 昭和61年)、詩集『クライマックスライフ』(詩学社 平成3年、土井晩翠賞二席)など執筆活動にも取り組む。近年は自分史の出版プロデュース事業、講師指導添削等にも活動の場を広げている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

前よりも絶対にいい町をつくる!
こんな想いで東日本大震災から立ち上がる経営者たちを紹介する。

2011年3月11日。東日本大震災は東北太平洋沿岸部を壊滅的な被害をもたらした。町によっては文字通り壊滅したところさえある。生まれ育った町がなくなるというこれ以上ない絶望感のなか、立ち上がり前を向いて歩きはじめた人たちがいる。
粘り強く、励まし合って、助け合って立ち向かう「心意気」。そしてコツコツと努力を重ね、時間がかかっても、最後までやり遂げる東北人の粘り強さを、本書ではあますことなく書いている。絶望の淵に立たされ、途方に暮れてしまったとしても、人はどこかに希望の光を見出す力を持っている。そう実感させてくれる一冊。
宮城県知事・村井嘉浩氏との対談も収録。
すべての日本人に読んでほしい本です。