PHP新書<br> 未完の資本主義―テクノロジーが変える経済の形と未来

個数:
電子版価格 ¥850
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

PHP新書
未完の資本主義―テクノロジーが変える経済の形と未来

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2020年11月01日 05時04分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 204p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784569843728
  • NDC分類 332.06
  • Cコード C0230

内容説明

経済学者シュンペーターは「資本主義の欠点は自ら批判されたいと願っている点だ」と述べた。批判すらも飲み込み自己変容を遂げていく「未完」の資本主義。とりわけ近年は、テクノロジーの劇的発展により、経済の形が変わり、様々な矛盾が噴出している。本書は、「テクノロジーは資本主義をどう変えるか」「我々は資本主義をどう『修正』するべきか」について、国際ジャーナリスト・大野和基氏が、世界の「知の巨人」7人に訊ねた論考集である。経済学、歴史学、人類学…多彩な視座から未来を見通し、「未完」のその先の姿を考える、知的興奮に満ちた1冊。

目次

プロローグ―「未完」のその先を求めて
1 我々は大きな分岐点の前に立っている(ポール・クルーグマン)
2 「雇用の完新世」が終わり「人新世」がはじまる(トーマス・フリードマン)
3 職業の半分がなくなり、「どうでもいい仕事」が急増する(デヴィッド・グレーバー)
4 成長を追い求める経済学が世界を破壊する(トーマス・セドラチェク)
5 テクノロジーは働く人の格差をますます広げていく(タイラー・コーエン)
6 ベーシックインカムと一日三時間労働が社会を救う(ルトガー・ブレグマン)
7 「データ資本主義」が激変させる未来(ビクター・マイヤー=ショーンベルガー)
エピローグ―加速する世界の中で

著者等紹介

大野和基[オオノカズモト]
1955年、兵庫県生まれ。大阪府立北野高校、東京外国語大学英米学科卒業。79~97年渡米。コーネル大学で化学、ニューヨーク医科大学で基礎医学を学ぶ。その後、現地でジャーナリストとしての活動を開始、国際情勢の裏側、医療問題から経済まで幅広い分野の取材・執筆を行う。97年に帰国後も取材のため、頻繁に渡航。アメリカの最新事情に精通している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

経済学者シュンペーターは「資本主義の欠点は自ら批判されたいと願っている点だ」と述べた。

批判すらも飲み込み自己変容を遂げていく「未完」の資本主義。とりわけ近年は、テクノロジーの劇的発展により、経済の形が変わり、様々な矛盾が噴出している。



本書は、

●テクノロジーは資本主義をどう変えるか

●我々は資本主義をどう『修正』するべきか



について、国際ジャーナリスト・大野和基氏が、世界の「知の巨人」七人に訊ねた論考集である。

経済学、歴史学、人類学……多彩な視座から未来を見通し、善き資本主義を考える、知的興奮に満ちた1冊。



◆ポール・クルーグマン(ノーベル賞経済学者)

――我々は大きな分岐点の前に立っている



◆トーマス・フリードマン(『フラット化する世界』著者・NYタイムズコラムニスト)

――「雇用の完新世」が終わり「人新世」がはじまる



◆デヴィッド・グレーバー(文化人類学者・ウォール街占拠運動の理論的指導者)

――職業の半分がなくなり、「どうでもいい仕事」が急増する



◆トーマス・セドラチェク(『善と悪の経済学』著者・チェコ共和国経済学者)

――成長を追い求める経済学が世界を破壊する



◆タイラー・コーエン(ジョージメイソン大学教授・経済学者)

――テクノロジーは働く人の格差をますます広げていく



◆ルトガー・ブレグマン(ジャーナリスト・歴史家)

――ベーシックインカムと1日3時間労働が社会を救う



◆V・M=ショーンベルガ―(オックスフォード大学教授・ビッグデータの第一人者)

――「データ資本主義」が激変させる未来

この商品が入っている本棚

1 ~ 3件/全3件