PHP新書<br> この三つの言葉で、勉強好きな子どもが育つ

個数:
電子版価格 ¥730
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

PHP新書
この三つの言葉で、勉強好きな子どもが育つ

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2016年12月09日 15時00分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 220p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784569831695
  • NDC分類 379.9

内容説明

子どもの教育で一番大事なことは、勉強を通じて、生きる力となる頭の働きのよさを獲得していくこと。そのために必要な「学習の習慣」は、親の三つの言葉で身に付きます。一つめは、何かを覚えた後の言葉「いま、言ってみて」。口にすることで記憶が定着しやすくなることは、科学的に明らかになっています。二つ目は、やる気を引き出す言葉「すごい、努力する才能がある」。自分は努力ができる人間なんだという確信が生まれます。三つ目は思考の整理をするための言葉「まず何からやる?」。算数の文章題にも求められる、段取り力を伸ばす一言です。

目次

第1章 自分から勉強する子に育てる(勉強の「型」を身につける;「やりたくなる循環」をつくる)
第2章 「覚えた」「わかった」とは、「話せる」ことだ(覚えたらすぐ話す、アウトプットこそ最強の記憶術;反復は力なり;人に話してみると、わかっていないところが一目瞭然;話すスピードを上げると、頭の回転も速くなる;勉強を孤独で退屈な作業にしない)
第3章 やる気を引き出し、グングン伸ばす言葉と学習法(欠点も指摘しながら、ほめてやる気を出させる;努力できる子どもを育てる言葉;うちの子が目を輝かせるのはどんなとき?;家庭学習で確実に学力を伸ばす方法;やる気を下支えするコツ)
第4章 筋道を立てて段取りを考えるクセをつける(「優先順位」を見極める;「段取り力」を身につける;考える力とは組み立てる力だ;「本質とは何か?」をシンプルに考える)
第5章 コミュニケーション密度の高い親子関係を築こう(中学受験を人生でどう位置づけたらよいか;子どもの不安への寄り添い方;夢は、家族で共有して育んでいく)

著者紹介

齋藤孝[サイトウタカシ]
1960年静岡県生まれ。東京大学法学部卒業。同大学大学院教育学研究科博士課程を経て、明治大学文学部教授。専門は教育学、身体論、コミュニケーション論。著書に『声に出して読みたい日本語』(草思社文庫、毎日出版文化賞特別賞受賞)、『身体感覚を取り戻す』(NHKブックス、新潮学芸賞受賞)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

記憶の定着を促す言葉、やる気を引き出す言葉、解答に至るプロセスを考える力がつく言葉。教育学者が小学生を変える言葉を伝授。

齋藤孝[サイトウタカシ]
明治大学教授