消えるコトバ・消えないコトバ

個数:
電子版価格 ¥749
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

消えるコトバ・消えないコトバ

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月05日 23時41分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B40判/ページ数 215p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784569831091
  • NDC分類 914.6

内容説明

「おとぎ話」や「古典作品」は、なぜ時代を超えて読まれ続けるのか?アウトサイダー思考とインサイダー思考を比較しながら、現代人を「理知の世界」という新たなステージにいざなう会心の書下し。

目次

第1章 知らぬは亭主ばかりなり(岡目八目;発見;歴史;遠望;ふるさと)
第2章 おとぎ話の世界(昔、昔、あるところ;モモタロウ;散文と韻文;花鳥風月)
第3章 変な味噌汁(ウチとソト;異本;編集;よそごと)
第4章 日本は島国(非留学;“長”にならない;目で食べる?;ファンの立場)
第5章 古典誕生(第四人称;第五人称)

著者紹介

外山滋比古[トヤマシゲヒコ]
1923年、愛知県生まれ。東京文理科大学英文科卒。英文学をはじめ、言語論、修辞学を専攻。雑誌『英語青年』編集、東京教育大学助教授、お茶の水女子大学教授、昭和女子大学教授などを歴任。現在は、お茶の水女子大学名誉教授。文学博士、評論家、エッセイスト。専門の英文学をはじめ、言語学、修辞学、教育論など広範囲にわたる研究と評論活動とともに、ことばによる幼児の情操教育についても提言などを続ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

自分中心主義の人が増え、社会に冷静な秩序が失われていると感じる著者が、客観思考のできるアウトサイダーになることを示唆する。

外山滋比古[トヤマシゲヒコ]
お茶の水女子大学名誉教授

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件