「核の戦国時代」が始まる―日本が真の独立国になる好機

個数:
電子版価格 ¥1,279
  • 電書あり

「核の戦国時代」が始まる―日本が真の独立国になる好機

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 237p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784569830926
  • NDC分類 319

内容説明

「核兵器のない世界」は幻想にすぎない。一触即発の朝鮮半島情勢、核の使用を厭わないプーチンと習近平、日本を敵視するアメリカ大統領の誕生、日米安保条約の空洞化…。ワシントン情報から読み解く「世界大混乱の行方」。

目次

第1章 アメリカの北朝鮮侵攻のシナリオ
第2章 中国軍部が始める偶発核戦争
第3章 プーチンが頼る脆弱な核戦略
第4章 オバマの「核のない世界」の空虚さ
第5章 アメリカ政治の強まる不条理
第6章 日本の真の独立へ高まる期待

著者紹介

日高義樹[ヒダカヨシキ]
1935年、名古屋市生まれ。東京大学英文学科卒業。1959年、NHKに入局。ワシントン特派員をかわきりに、ニューヨーク支局長、ワシントン支局長を歴任。NHKエンタープライズ・アメリカ代表を経て、理事待遇アメリカ総局長。審議委員を最後に、1992年退職。その後、ハーバード大学客員教授、ケネディスクール・タウブマン・センター諮問委員、ハドソン研究所首席研究員として、日米関係の将来に関する調査・研究の責任者を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

一触即発の朝鮮半島、核の使用を厭わないプーチンと習近平、日米安保条約の空洞化……。ワシントン情報から読み解く世界大混乱の時代。

日高義樹[ヒダカヨシキ]
ハドソン研究所首席研究員