読む麻薬(クスリ)―「現代の悪魔」の歴史と恐ろしさがわかる本

電子版価格 ¥849
  • 電書あり

読む麻薬(クスリ)―「現代の悪魔」の歴史と恐ろしさがわかる本

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B40判/ページ数 206p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784569830827
  • NDC分類 368.8
  • Cコード C0030

内容説明

ヤクは戦争の「副作用」だった!麻薬禍拡大の歴史をたどりながら、実際の戦場でその恐怖を見てきた著者が、正しい知識をもとに自分を守る秘訣を伝授。

目次

古代から阿片戦争まで
南北戦争と軍隊病
ヘロイン、コカインの登場
第一次世界大戦―阿片の転機
満洲―日本の阿片栽培
インドシナ―フランス軍の資金稼ぎ
ヴェトナム戦争―アメリカの失敗
麻薬の稼ぎで息子をアメリカ大統領に
アフガン出兵でソ連が終わった
コロンビアのコカイン戦争
北朝鮮の覚醒剤事業
不良外国人の実態
麻薬に頼った作家たち
痛み止めに使ったスポーツ選手たち
類が友を呼ぶ芸能人
TV―この汚染業界
これほど恐ろしい麻薬禍

著者等紹介

柘植久慶[ツゲヒサヨシ]
作家、軍事ジャーナリスト。1942年、愛知県生まれ。1965年、慶應義塾大学法学部政治学科卒業。在学中より、コンゴ動乱やアルジェリア戦争に参加。1970年代初頭よりアメリカ特殊部隊に加わり、ラオス内戦に従軍する。1986年より作家活動に入る(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

人間をますます脅かす「麻薬社会」。なぜ、このような危険なものが生まれ、続けられてきたのか。その歴史と構造を説く。

【著者紹介】
HASH(0x3ca3128)