PHP新書<br> 「強すぎる自民党」の病理―老人支配と日本型ポピュリズム

個数:
電子版価格 ¥730
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

PHP新書
「強すぎる自民党」の病理―老人支配と日本型ポピュリズム

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月06日 17時43分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 189p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784569830698
  • NDC分類 312.1

内容説明

2016年7月の参議院選挙では、自民・公明の与党が過半数を大きく上回り、「改憲勢力」が3分の2を超える戦後初めての状況になった。しかし、「アベノミクス」の下、成長率はゼロに近づき、政府債務は1100兆円を超えた。しかも高齢化はさらに急速に進み、このままでは2030年代には社会保障会計は大幅な債務超過になりかねない。にもかかわらず、安倍内閣はポピュリズム政治を繰り広げ、野党は「民共共闘」などという失策を重ねるばかり。どうしてこんな政治になってしまっているのか。戦後政治史を追って、日本の「無責任の体制」の根源を衝く意欲作。

目次

世界に広がるポピュリズム
老人の老人による老人のための政治
六〇年安保で失われた政策論争
社会党という無責任政党
田中角栄の生んだバラマキ福祉
小沢一郎がつくって壊した日本の政治
小泉政権「官邸主導」の革命
民主党政権の「政治主導」はなぜ失敗したか
「安倍一強」はいつまで続くのか
成長経済から成熟経済へ
もし小泉進次郎が首相になったら

著者紹介

池田信夫[イケダノブオ]
株式会社アゴラ研究所所長、青山学院大学非常勤講師、SBI大学院大学客員教授。学術博士(慶應義塾大学)。1978年東京大学経済学部を卒業後、NHKに入社。報道番組の制作に携わり、1993年に退社。1997年慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科博士課程を中退。国際大学グローバル・コミュニケーション・センター(GLOCOM)教授、経済産業研究所上席研究員などを経て、現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

なぜ自民党は強いのか。それを歴史的に分析したとき、驚くべき「民主主義の欠陥」がみえてくる。ポピュリズムの恐るべき末路を問う書。

池田信夫[イケダノブオ]
アゴラ研究所所長