PHP新書<br> 真田信之―父の知略に勝った決断力

個数:
電子版価格 ¥800
  • 電書あり

PHP新書
真田信之―父の知略に勝った決断力

  • ウェブストアに14冊在庫がございます。(2017年03月30日 06時34分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 414p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784569830438
  • NDC分類 289.1

内容説明

戦国時代を代表する知将・真田昌幸の嫡男真田信之は、父や弟の信繁と別れて徳川側につき、真田家を守り抜いた男として知られる。義を重んじた男の九十三年の生きざまを、真田家研究の第一人者が綴る決定版。

目次

第1章 信之の生い立ちと家族の群像
第2章 武田氏滅亡の衝撃と天正壬午の乱
第3章 真田昌幸と信之の飛翔
第4章 信之の決断
第5章 苦難の連続だった信之の内政
第6章 大坂の陣と信之
第7章 上田から松代へ
第8章 「土呑み裁判」からキリシタン対策まで―もめごと、さまざま
第9章 相次ぐ不幸
第10章 信之、最後の戦い

著者紹介

平山優[ヒラヤマユウ]
1964年東京都生まれ。立教大学大学院文学研究科博士前期課程史学専攻(日本史)修了。専攻は日本中世史。山梨県埋蔵文化財センター文化財主事、山梨県史編さん室主査、山梨大学非常勤講師、山梨県立博物館副主幹を経て、山梨県立中央高等学校教諭。2016年放送の大河ドラマ「真田丸」の時代考証を担当(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

父・真田昌幸、弟・真田信繁(幸村)と別れて徳川方につき、真田家を守った男の実像に迫る。別れの名場面「犬伏の別れ」の真相とは?

平山優[ヒラヤマユウ]
歴史学者、高校教諭