「ぼっち」の歩き方―魅惑のデートスポット編

個数:
電子版価格 ¥1,000
  • 電書あり

「ぼっち」の歩き方―魅惑のデートスポット編

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 165p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784569830384
  • NDC分類 916
  • Cコード C0095

目次

デートスポットなんじゃないの?と疑いながら、ひとりでプラネタリウムに行ってみた
もぎ取るのが好きすぎるあまり、ひとりで梨狩りに行ってきた
ハイタッチが苦手なので、ひとりでボウリングに行ってきた
「カップルが別れる」で有名なボートなのでひとりで漕いできた
プリクラの苦手意識を克服するためひとりで撮ってきた
霜降り肉とひとり用グリルを持ってバーベキューに行ってきた
海には近寄りたくないけれど、思い立ってひとり潮干狩りに行ってきた
結婚しないけれど、ひとりでウェディングフェアに行ってみた
浴衣の男女がウェイウェイする東京湾納涼船にひとりで乗ってきた
問屋から花火を仕入れてひとり花火大会を開催してきた
カップルのためのペアリングだけれど、自分に「ひとりペアリング」をプレゼントしてみた
浅草観光でもないのに、ひとりで人力車の乗り「恥ずかしさ」について考えた
流れてくるそうめんをひたすらひとりで食べる、ひとり流しそうめんをやってみた
誰もいない秋の砂浜でひとりスイカ割りをやってみた
フレンチレストランの個室を予約して、ひとりでフルコースを食べてきた
リムジンのバースデープランを貸し切って「ひとり誕生日パーティー」を開いてきた
ひとり二役で「ひとり豆まき」をしてみたら自分の中の鬼に出会った
ひとりでラブホテルに入って休憩してみた

著者紹介

朝井麻由美[アサイマユミ]
東京都出身。国際基督教大学卒業。フリーのライター(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

バーベキュー、納涼船、花火にリムジンパーティー、なんでも「ひとり」で楽しめる! ひとり好き必見、「ぼっち」が胸を張って生きる道!

【著者紹介】
ライター、編集者、コラムニスト