世界のエリートが学んでいる教養としての日本哲学

個数:
電子版価格 ¥1,199
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

世界のエリートが学んでいる教養としての日本哲学

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2016年12月03日 13時59分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 199p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784569829838
  • NDC分類 121

内容説明

ジョブズ、グーグル、フェイスブックも活用した最強の思考ツール。日本哲学こそがグローバル時代を勝ち抜くための武器となる。ビジネスパーソン必読の教養書!

目次

第1章 日本哲学の歴史―時間の流れの中で整理せよ(神道;仏教 ほか)
第2章 日本哲学の思考法―ユニークに考えよ(なる;従う ほか)
第3章 日本哲学の名著―古典を語れるようになれ(『古事記』;『日本書紀』 ほか)
第4章 日本哲学の必須人物―生き様を手本にせよ(聖徳太子;空海 ほか)
第5章 日本哲学の必須用語―言葉を思考のツールにせよ(本地垂迹(神道)
絶対他力(親鸞) ほか)

著者紹介

小川仁志[オガワヒトシ]
1970年、京都府生まれ。哲学者・山口大学国際総合科学部准教授。京都大学法学部卒、名古屋市立大学大学院博士後期課程修了。博士(人間文化)。米プリンストン大学客員研究員(2011年度)。商店街で「哲学カフェ」を主宰するなど、市民のための哲学を実践している。専門は公共哲学・政治哲学。最近は主に海外で日本哲学の研究発表を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

禅、仏教、武士道……。世界のエリートも注目している「日本思想」を、グローバル時代を生き抜くための独自の思考ツールとして伝授する。

【著者紹介】
哲学者