PHP新書<br> アメリカの大問題―百年に一度の転換点に立つ大国

個数:
電子版価格 ¥749
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

PHP新書
アメリカの大問題―百年に一度の転換点に立つ大国

  • ウェブストアに11冊在庫がございます。(2016年12月11日 00時05分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 277p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784569829661
  • NDC分類 302.53

内容説明

アメリカはいま、百年に一度の転換期に立ち、三つの大問題に直面している。第一は格差と移民の問題。EUは100万人の難民で大騒ぎになったが、アメリカは過去25年に亘り年平均100万人の移民を受け入れており、16年大統領選挙の争点となった。第二は力の行使の問題。全家庭の43%が銃をもつ米国は力の行使を是とし、長年「世界の警察官」を自任してきたが、一転して孤立主義に立つ可能性が生じている。第三はエネルギーの問題。シェール革命後どのようなエネルギー・モデルを構築するかによって、この超大国の命運は決まる。歴史的転換の本質を外交官の目で読み解く。

目次

第1章 格差の大問題―移民とティーパーティー(格差の風景;格差、人種、移民;日系移民の苦難の歴史;格差をめぐる左右対立)
第2章 力の行使の大問題―銃と地政学(アメリカ社会と銃;アメリカをとりまく地政学;アメリカの世紀は続くのか)
第3章 エネルギーの大問題―シェール革命の本質(シェール革命と日本;シェールを求めて;シェール革命の経済的帰結;21世紀のアメリカのシェール戦略)

著者紹介

高岡望[タカオカノゾム]
1959年生まれ。東京大学教養学部国際関係論分科卒業。82年、外務省入省。83年よりオックスフォード大学ベリオールカレッジ留学(~85年)。93年、在エジプト日本国大使館。96年、在ニューヨーク日本国総領事館。2001年、外務省文化交流部人物交流課長。02年、在イタリア日本国大使館(参事官、05年より公使)。06年、法務省入国管理局登録管理官。08年、スウェーデン公使・ストックホルム商科大学付属研究所EIJS理事。11年、イラン公使。13~15年、ヒューストン総領事。現在、独立行政法人中小企業基盤整備機構に出向している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

低所得層が一流病院で治療を受けることができる、たった一つの方法とは? 移民問題から銃社会まで、元外交官が現場目線で報告、分析。

?岡望[タカオカノゾム]
前ヒューストン総領事

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件