「源氏物語」禁断の恋に苦しむ女たち

個数:
電子版価格 ¥1,100
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

「源氏物語」禁断の恋に苦しむ女たち

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月10日 04時53分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B6判/ページ数 238p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784569828602
  • NDC分類 913.36

内容説明

口説き、口説かれ…恋愛が女たちを成長させる。女たちのからだを抱いても、心は抱けなかった光源氏、心を抱きたいから、からだを抱けなかった薫。1000年前も現代も、恋する気持ちは変わらない。

目次

第1章 美しさをばら蒔いて近づく光源氏
第2章 ありふれた口説き方は劣化する
第3章 恋の表舞台からちょっとはずれて
第4章 女心が読めない光源氏
第5章 心の入っていない言葉は、心を口説けない
第6章 欲望一途な匂宮、相手の心を優先する薫

著者紹介

八坂裕子[ヤサカユウコ]
詩人。東京生まれ。お茶の水女子大学附属高等学校卒業後、文学座演劇研究所修了。1967年、資生堂の会報誌『花椿』で、詩「ナポレオンと苺」が最優秀賞を受賞。以後、詩集、小説、エッセイを次々と出版し、幅広い分野で活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

「源氏物語」の女性たちは、口説き、口説かれながら、自分の心と向き合い自らを成長させていく。今も昔も変わらない恋する心とは?

【著者紹介】
詩人