PHP新書<br> ジャズとエロス―ヴァイオリニストの音楽レシピ

個数:
  • ポイントキャンペーン

PHP新書
ジャズとエロス―ヴァイオリニストの音楽レシピ

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2016年12月08日 03時25分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 189p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784569827995
  • NDC分類 764.7

内容説明

美しきジャズヴァイオリニスト、牧山純子の新境地。弓を筆に持ち替え、「ジャズとエロス」をテーマに、スタンダードからオリジナルまで、ジャズの魅力を文字で奏でる。自身の音楽歴を振り返りつつ、改めて音楽の本質に迫り、ジャズの旋律からエロスの神秘と謎まで紐解く。俳優やコメンテーターとしてマルチに活躍する松尾貴史氏との対談では、「日常とエロス」について、男目線&女目線で意見を交わす。

目次

第1章 私とジャズ―なぜジャズヴァイオリニストになったのか(悔しさがあったからこそ;クラシック以外は音楽じゃない ほか)
第2章 ジャズとクラシック―改めて音楽の本質を考える(ジャズは体育会系的な音楽!?;クラシックの楽しみ方も変わってきた ほか)
第3章 エロスとジャズ―哲学的考察から感性的分析まで(ジャズのイメージとは;肉食系と草食系 ほか)
第4章 日常とエロス―対談 松尾貴史×牧山純子(エロスの根源は母親;焦らしのエロス ほか)
第5章 エロスと名曲―牧山流ジャズ・セレクション(恋とエロス;孤独とエロス ほか)

著者紹介

牧山純子[マキヤマジュンコ]
ジャズヴァイオリニスト。1974年、東京都生まれ。4歳からヴァイオリンを始め、海野義雄、大谷康子に師事する。武蔵野音楽大学卒業後、フランスで研鑽を積んで帰国。2002年、バークリー音楽大学に入学し、ジャズヴァイオリンを専攻。在学中にデイビッド・フォスターやスティーブン・タイラーとも共演。02年、NHK「紅白歌合戦」にアメリカから衛星生中継で出演(平井堅「大きな古時計」)。08年11月、アルバム『ミストラル』でメジャー・デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

美しきジャズヴァイオリニストが語る“夜によく似合う官能的な(決して下品ではない)大人のジャズ”ガイド。松尾貴史氏との対談も収録。

【著者紹介】
ジャズヴァイオリニスト

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件