生産性を高めるために私がしていること、考えていること

個数:
電子版価格 ¥1,199
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

生産性を高めるために私がしていること、考えていること

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月11日 17時28分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 232p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784569827964
  • NDC分類 336.2

内容説明

3万人の読者がいるブログを毎日更新。ベストセラー書を年に何冊も出版。各メデイアで経済分析、政策提言を行い、全国各地で講演し、会員制勉強会も主宰。その「驚異の生産力」の秘密と哲学を授業形式で初公開!

目次

第1章 「生産性」って、なんだろう?(そもそも「生産」って、どういうこと?;「GDP」=「モノやサービスの付加価値の合計」 ほか)
第2章 日本の生産性を高める方法(デフレの原因は、本当は一つしかない;「お金を発行したらインフレになる」という誤解 ほか)
第3章 生産性を高めるための「情報のインプット術」(検索とリンク―「情報の知的生産性」を向上させる方法;サラリーマン時代に学んだ設計図とプレゼンの極意 ほか)
第4章 生産性を高めるための「情報のアウトプット術」(「データの蓄積」こそ大きな力;忙しくても睡眠時間は八時間を確保 ほか)
第5章 個人が高い生産性を発揮する社会をつくるために(「最低賃金引き上げ」の前にやるべきことがある;「人材投資=人材教育」という勘違い ほか)

著者紹介

三橋貴明[ミツハシタカアキ]
経世論研究所所長。1969年生まれ。東京都立大学(現・首都大学東京)経済学部卒業。外資系IT企業など数社に勤務した後、中小企業診断士として独立。大手インターネット掲示板での、韓国経済に対する詳細な分析が話題を呼び、2007年に『本当はヤバイ!韓国経済』(彩図社)を出版、ベストセラーとなる

たかまつなな[タカマツナナ]
お笑いジャーナリスト(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

毎日ブログを更新、話題書を年に何冊も出版、講演で全国を飛び回る……。本とネットの情報を自在に駆使する著者の知的生産法と哲学。

【著者紹介】
経済評論家、中小企業診断士