我、六道を懼れず 立国篇―真田昌幸 連戦記

個数:
電子版価格 ¥1,599
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

我、六道を懼れず 立国篇―真田昌幸 連戦記

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2016年12月09日 21時13分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 590p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784569827544
  • NDC分類 913.6

内容説明

われらは死花に非ず―昌幸から幸村へ。「稀代の謀将」「表裏比興の者」と呼ばれながらも、真田家を守り抜いた男の誇りに満ちた生涯とは。傑作歴史巨編、堂々完結!

著者紹介

海道龍一朗[カイトウリュウイチロウ]
1959年生まれ。2003年に剣聖、上泉伊勢守信綱の半生を描いた『真剣』でデビュー、中山義秀文学賞の候補作となり、書評家や歴史小説ファンから絶賛を浴びる。2010年には『天佑、我にあり』が第1回山田風太郎賞、第13回大藪春彦賞の候補作となった(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

悲劇の戦いを経て真田家を嗣いだ昌幸は「稀代の謀将」と呼ばれる覚悟を固めて戦国を生き抜くが、そこに家康の勢力が……。本格歴史小説。

【著者紹介】
作家