「反日韓国」の苦悩―老いも若きも未来に希望がない

個数:
電子版価格 ¥749
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

「反日韓国」の苦悩―老いも若きも未来に希望がない

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお受けできません)

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ B40判/ページ数 157p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784569827452
  • NDC分類 302.21

内容説明

「日韓合意」は最終決着なのか?貧困、経済苦による「自殺の増加」。人間関係にまで顔を出す「拝金主義」。横行する「被害者ビジネス」…。

目次

第1章 老いも若きも希望がもてない不信社会(高い自殺率が物語る「高齢者の貧困」;十代~三十代も死亡原因のトップは「自殺」 ほか)
第2章 韓国に蔓延る「拝金主義」(仕事を離れたり会社を辞めたりすると、会社関連の人間関係は切れる;一攫千金を理想とする強い願望 ほか)
第3章 ここまで違う日本と韓国の国民性(「汗を流すことが貴い」日本、「汗を流すのはみじめ」の韓国;韓国製品の品質水準に対する低い評価を物語る数字 ほか)
第4章 韓国人がノーベル賞を取れない理由(技術や技術者が育ちにくい国民性;結果ばかり追うから結果が出ない ほか)

著者紹介

呉善花[オソンファ]
1956年、韓国・済州島生まれ。4年間、志願で女子軍隊生活を送る。83年来日、大東文化大学(英語学)卒業後、東京外国語大学大学院修士課程修了。90年から執筆活動を開始する。98年、日本に帰化。現在、評論家。拓殖大学国際学部教授。山本七平賞選考委員。遠州流茶道教授。著書に『攘夷の韓国 開国の日本』(文春文庫、第5回山本七平賞受賞)など多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

経済苦による自殺の増加。蔓延する拝金主義。もう他国にすがり、タカるしかない? 「日韓合意」も反故にしそうな国で、いま起きていること。

【著者紹介】
評論家、拓殖大学教授