PHPビジネス新書<br> 上司の9割は部下の成長に無関心―「人が育つ現場」を取り戻す処方箋

個数:
電子版価格 ¥749
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

PHPビジネス新書
上司の9割は部下の成長に無関心―「人が育つ現場」を取り戻す処方箋

  • ウェブストアに14冊在庫がございます。(2016年12月09日 16時44分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 221p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784569826868
  • NDC分類 336.3

内容説明

課長の9割がプレイングマネジャーという時代。「自分の仕事をこなすだけで精一杯。部下の育成にまでとても気が回らない」という中間管理職が急増している。しかしこのままでは、日本企業の競争優位の源泉だった「人が育つ現場」はますます劣化・崩壊していってしまう。近い将来、その代償を支払うことになるのは今の中間管理職自身である。多くの企業で管理職研修を実施し、人材育成の現場に精通する著者が、無関心上司を関心上司に変え、育成風土を取り戻す方法を説く。

目次

第1章 「部下の成長に関心を持てない上司」が増えたのはなぜか?―「多忙を極める管理職」と「多様化が進む職場」(課長の九割は、プレイングマネジャーという名のプレイヤー;忙しすぎて、部下育成に関心を持っていられない ほか)
第2章 それでも、上司が部下育成に関心を持つべき理由―このままだと、どうなってしまうのか?(結局、誰が人を育てるべきなのか;「大学で即戦力を身につけてきてほしい」の間違い ほか)
第3章 「部下を育てられる上司」になるために―時代の変化に合わせた新しい人材育成法(「うちの部下はやる気がない」は本当か;「自責の視点」を持てれば、「部下を育てられる上司」への道は開ける ほか)
第4章 「人が育つ現場」の作り方―職場改革の実例と、誰もがぶつかる壁の乗り越え方(「人が育つ現場」は一朝一夕にはできない;人が育つ現場を作るプログラムとは ほか)

著者紹介

前川孝雄[マエカワタカオ]
(株)FeelWorks代表取締役/青山学院大学兼任講師。1966年兵庫県生まれ。大阪府立大学、早稲田大学ビジネススクール卒。人材育成の専門家集団(株)FeelWorks創業者。延べ250社以上で導入される「上司力研修」や「上司力鍛錬ゼミ」、「育成風土を創る社内報」編集などを手掛け、長期伴走型で徹底した人が育つ現場創りを支援。TV『ワールドビジネスサテライト』『めざせ!会社の星』『サキどり↑』などに出演(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

今や課長の大半がプレイングマネジャー。人材育成はつい後回しという人も多い。どうすれば日本企業に「人が育つ現場」を取り戻せるか?

【著者紹介】
(株)FeelWorks社長、人材育成コンサルタント