13人の誤解された思想家―西欧近代的価値観を根底から問い直す

個数:
電子版価格 ¥1,399
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

13人の誤解された思想家―西欧近代的価値観を根底から問い直す

  • ウェブストア用在庫がございますが僅少です
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)

    【出荷予定日】
    ■通常ご注文日の翌々日~4日後に出荷

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 281p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784569826820
  • NDC分類 130.28

内容説明

西欧思想の巨人群に対して私たちが抱いているイメージは正しいのか。世界の混沌を前に、日本人が自前の考え方を確立するための手引き書。

目次

プラトン―哲学史上最大の詐欺師
ナザレのイエス―社会秩序に対する天才的な反逆者
ニッコロ・マキャヴェッリ―日本人が最も学ぶべき現実主義者
ガリレオ・ガリレイ―「魂が関わらない領域」だけを追究した思索者
ルネ・デカルト―「われ思う、ゆえにわれあり」の誤謬
ジャン・ジャック・ルソー―禁欲的で古典的な共同体主義者
イマヌエル・カント―痩せた人間認識に基づく道徳主義者
チャールズ・ダーウィン―「悠久の自然」への畏敬の念
カール・マルクス―ロマン主義的情熱と徹底した論理的頭脳の共存
フリードリッヒ・ニーチェ―日本人が彼をもてはやす不思議さ
ジークムント・フロイト―思想家としての「功」と、分析医としての「罪」
ルードヴィヒ・ウィトゲンシュタイン―哲学へのこだわりを破壊した生涯
マルティン・ハイデガー―その「死の哲学」は普遍的な説得力があるか?

著者紹介

小浜逸郎[コハマイツオ]
1947年、横浜市生まれ。横浜国立大学工学部卒業。批評家、国士舘大学客員教授。家族論、教育論、思想、哲学など幅広く批評活動を展開。また2001年より連続講座「人間アカデミー」を主宰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

プラトン、ルソー、カント、ニーチェ……。世界の混沌を前に、日本人が西欧近代的価値観を問い直し、自前の考え方を確立する手引き書。

【著者紹介】
批評家、国士舘大学客員教授