自衛官の心意気―そのとき、彼らは何を思い、どう動いたか

個数:
電子版価格 ¥1,279
  • 電書あり

自衛官の心意気―そのとき、彼らは何を思い、どう動いたか

  • ウェブストアに11冊在庫がございます。(2017年10月23日 11時35分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 217p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784569826813
  • NDC分類 392.1
  • Cコード C0030

内容説明

「自分が盾になって撃たれるつもりだった」ベストセラー『日本に自衛隊がいてよかった』に続く感動の自衛隊ノンフィクション。

目次

序に代えて―自衛隊に対する日本人の誤解
第1章 苦悩の時代に生きた自衛官の「戦史」
第2章 国際的に評価されるようになった自衛隊
第3章 屈強な精鋭たちの意外な素顔
第4章 日本国民が知らない自衛官の「当たり前」
第5章 「何かが足りない」自衛隊

著者紹介

桜林美佐[サクラバヤシミサ]
ジャーナリスト。1970年、東京都生まれ。日本大学芸術学部放送学科卒業。92年よりテレビメディアでフリーアナウンサーとして始動、96年からはディレクターとして『はなまるマーケット』(TBS)などを制作。構成として参加したニッポン放送の報道番組で、2006年と09年に日本民間放送連盟賞ラジオ報道番組部門「優秀賞」、06年に第44回ギャラクシー賞「ラジオ部門優秀賞」、16年に第12回日本放送文化大賞「ラジオ・グランプリ」を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

「自分が盾になって撃たれるつもりだった」。ベストセラー『日本に自衛隊がいてよかった』に続く、感動の自衛隊ノンフィクション。

桜林美佐[サクラバヤシミサ]
防衛ジャーナリスト