PHP新書<br> ほんとうは共産党が嫌いな中国人―「日本羨望」「反体制」の本音を語った

個数:
電子版価格 ¥699
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

PHP新書
ほんとうは共産党が嫌いな中国人―「日本羨望」「反体制」の本音を語った

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月06日 14時44分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 253p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784569826783
  • NDC分類 302.22

内容説明

「習近平のやり方では、世界から見放され中国が孤立してしまう」と危惧する共産党上層部。「私は戦争が始まったら軍を除隊しようと思っている。多くの人がそう考えている」と打ち明ける軍の中間管理職。「日本人の凄い潜在力の源は、忠誠心や愛国心」と考える香港人。そのほか、外資系ビジネスマン、黒子(無戸籍の人々)、マフィア、さらに農民、周辺民族に至るまで、あらゆる階層の中国人が著者に本音を語った。彼らの多くは中国共産党に強い不満を持ち、日本への羨望を口にする者も少なくない。大国の実像を知り、今後の行方を占うために、彼らの生の声にぜひ触れてもらいたい。

目次

第1章 知っておきたい現代中国の身分制
第2章 中国共産党上層階級による習近平批判
第3章 企業家と都市生活者の本音
第4章 日本を哀れむ農民、反日デモを利用する黒社会
第5章 怒れる「自治区」の住民たち
第6章 なぜ日本には反日中国人しか伝わらないのか

著者紹介

宇田川敬介[ウダガワケイスケ]
1969年東京都生まれ。94年中央大学法学部卒業、マイカルに入社。法務部にて企業交渉を担当。その後98年に初の海外店舗「マイカル大連」出店。共産党上層部から店の従業員や取引業者まで、あらゆる階層の中国人と懇意になる。マイカル破綻後に国会新聞社に入社、編集次長を務めた。退職後ジャーナリスト・作家として独立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

「尖閣諸島は歴史的に見れば日本のもの。でも、中国はあの島を必要としている」など、政府高官から労働者までリアルな本音を紹介。

【著者紹介】
ジャーナリスト