1%の違い 世界のエリートが大事にする「基本の先」には何があるのか?

個数:
電子版価格 ¥1,199
  • 電書あり

1%の違い 世界のエリートが大事にする「基本の先」には何があるのか?

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2019年06月25日 10時47分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 195p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784569826509
  • NDC分類 159
  • Cコード C0034

内容説明

ゴールドマン・サックス、マッキンゼー、ハーバードで学んだ、キャリアを楽しむための38の習慣。

目次

1 「会議」と「意見力」に関する1%の違い(どんな会議も「自分のポジション」を明確にして参加する;「結論」と「根拠」をセットで話す ほか)
2 「成果」と「チームワーク」に関する1%の違い(「ギブ&テイク」より「シェア&シェア」の意識を持つ;「和」よりも「成果」を最重視する ほか)
3 「人とのつながり」と「自己表現」に関する1%の違い(名刺に頼らない「自己紹介力」を磨く;ポジティブにギアを2段上げる ほか)
4 「英語」に関する1%の違い(ペラペラを目指さない;相手のペースで聞き、自分のペースで話す ほか)
5 「キャリア」と「自己実現」に関する1%の違い(履歴書は必ず「能動態」で書く;やりたい仕事にアサインされるよう、自ら働きかけていく ほか)

著者等紹介

戸塚隆将[トツカタカマサ]
1974年、東京都生まれ。慶應義塾大学経済学部卒業。ゴールドマン・サックス勤務後、ハーバード経営大学院(HBS)でMBA取得。マッキンゼーを経て、2007年、ベリタス株式会社(旧シーネクスト・パートナーズ株式会社)を設立、代表取締役に就任。同社にて企業のグローバル人材開発を支援するほか、HBSのケーススタディ教材を活用したプロフェッショナル英語習得プログラム「ベリタスイングリッシュ」を主宰。グローバル人材を輩出し続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

日本のビジネスパーソンは優秀。99%は世界のエリートと同じ。残り「1%の違い」をうめるだけで「世界でも評価される人」になれる!