ひと目でわかる「戦前日本」の真実 1936‐1945

電子版価格 ¥1,400
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

ひと目でわかる「戦前日本」の真実 1936‐1945

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 151p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784569817040
  • NDC分類 210.7
  • Cコード C0030

内容説明

「戦前暗黒史観」を覆すビジュアル解説本。なぜ日本の戦後教育ではこれらの真実を封印してきたのか?

目次

昭和十一年春場所:西横綱・武蔵の土俵入り
アメリカの映画とレビューが人気を博していた
日本も映画とレビューは黄金時代を迎えていた
現在に至る科学の基礎は昭和十年頃に確立していた
二・二六事件勃発と処罰
二月二十七日、「戒厳令」が布告され東京の交通は混乱を極めた
政治の分水嶺になった二・二六事件
躍進する大阪
スターを夢見る少女たち
天才子役テンプルちゃんと日本の子供たち〔ほか〕

著者等紹介

水間政憲[ミズママサノリ]
近現代史研究家。1950年、北海道生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科中退。近現代史(GHQ占領下の政治・文化)の捏造史観に焦点を絞り、テレビ・新聞報道の反証を一次史料に基づき調査研究する。『正論』(2006年6月号)に「スクープ“遺棄化学兵器”は中国に引き渡されていた」(第1弾)を発表。その後、第10弾まで寄稿し、戸井田徹衆議院議員(当時)らとの連携により、国会で中国や外務省の矛盾点を追及する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

「戦前の日本は暗黒時代」は、終戦までの1~2年のこと。それ以前は、こんなに明るい時代だった――。好評ビジュアル解説本・第5弾。

【著者紹介】
近現代史研究家