PHP新書<br> 世界「比較貧困学」入門―日本はほんとうに恵まれているのか

個数:
  • ポイントキャンペーン

PHP新書
世界「比較貧困学」入門―日本はほんとうに恵まれているのか

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年12月13日 16時48分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 新書判/ページ数 267p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784569816203
  • NDC分類 368.2
  • Cコード C0236

内容説明

世界の最底辺を取材してきた著者は、途上国の貧困を「絶対貧困」、先進国の貧困を「相対貧困」と定義し、住居、労働、結婚、食事といった生活の隅々で両者の実態を比較する。日本全体で約2000万人、6人に1人が相対貧困であるという事実。世界とくらべて、日本の貧困にはどのような特徴があるのか。スラムに住む子どもたちが笑顔で生き、かたや充実した社会保障に守られながら希望をもてない人たちがいる。豊かさの真実を知るための必読書。

目次

第1章 住居―コミュニティー化するスラム、孤立化する生活保護世帯
第2章 路上生活―家族と暮らす路上生活者、切り離されるホームレス
第3章 教育―話し合う術をもたない社会、貧しさを自覚させられる社会
第4章 労働―危険だが希望のある生活、保障はあるが希望のない生活
第5章 結婚―子どもによって救われるか、破滅するか
第6章 犯罪―生きるための必要悪か、刑務所で人間らしく暮らすか
第7章 食事―階層化された食物、アルコールへの依存
第8章 病と死―コミュニティーによる弔い、行政による埋葬

著者紹介

石井光太[イシイコウタ]
1977年東京都生まれ。作家。日本大学藝術学部文芸学科卒業。世界の物乞いや障害者を追った『物乞う仏陀』(文藝春秋)でデビュー。極貧のスラムに生きるストリートチルドレンや麻薬中毒者など、国内外の文化、歴史、医療をテーマに、現地に密着した取材、執筆活動を行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

世界に12億人存在する絶対貧困層と、約1900万人にのぼる日本の相対貧困層。その実態と差異について、鋭く切り込む渾身の一冊。

【著者紹介】
作家

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件