メディアの大罪―テレビ、新聞はなぜ「TPP戦争」を伝えないのか

電子版価格 ¥1,199
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

メディアの大罪―テレビ、新聞はなぜ「TPP戦争」を伝えないのか

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 273p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784569801124
  • NDC分類 070.21
  • Cコード C0030

内容説明

「マスゴミ報道」を見なければ景気は必ず回復する。止まらない視聴率の下落、NHKの解約…ほんとうの理由はここにあった。

目次

第1章 民主主義の破壊者(国民を統制する権利;誰が日本国の主権者なのか ほか)
第2章 「平成の開国」のウソ(特異なセンスに唖然;「占領」よりも好都合な「輸出先」 ほか)
第3章 印象操作と世論誘導(被災地の農家が廃業を強いられる;農地は外国に移せない ほか)
第4章 増税と「ショック・ドクトリン」(山本権兵衛内閣の震災復興;震災復興の遅れは「殺人」に等しい ほか)

著者等紹介

三橋貴明[ミツハシタカアキ]
1994年、東京都立大学(現・首都大学東京)経済学部を卒業。外資系IT企業などを経て、2008年に中小企業診断士として独立、三橋貴明事務所を設立。経済評論家、作家として活躍中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

なぜ「どこの国のテレビ局かと思う」放送がまかり通るのか。稀代の経済評論家が、デジタル化で自滅するオールドメディアの末期を示す。

【著者紹介】
経済評論家、作家