PHP新書<br> 知らないと怖い糖尿病の話

電子版価格 ¥650
  • 電書あり

PHP新書
知らないと怖い糖尿病の話

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 212p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784569799346
  • NDC分類 493.12
  • Cコード C0247

内容説明

がんは命にかかわる病気だけれど、糖尿病は大丈夫だろうと思っているとしたら、大きな誤解である。多くの合併症を併発し、網膜症、神経障害をはじめ、腎症が悪化し透析に至るケースも増加している。また、末梢神経障害や閉塞性動脈硬化症が重症化すると、足の一部が腐る壊疽を起こす。さらに、透析などの医療費負担の急増にも警鐘を鳴らす。本書は、再生医療の専門医が、糖尿病の怖さをわかりやすく解説するとともに、マゴット(うじ)による最新治療法を紹介する。生活習慣不良の中高年必読の書。

目次

第1章 なぜ、糖尿病が国を亡ぼすのか?
第2章 最低限知っておきたい糖尿病の実態
第3章 間違った治療法が糖尿病患者さんを悪くしている
第4章 日本初の臨床診療科としての「再生医療科」
第5章 ハエの幼虫を使った新治療法
第6章 糖尿病患者さんにこれだけは知っておいてほしいこと

著者等紹介

宮本正章[ミヤモトマサアキ]
1959年、東京都生まれ。84年、近畿大学医学部卒業。米国UCLA糖尿病研究センター研究員、98年、日本膵臓学会学術賞受賞、日本外科学会国際委員会98年度ドイツ外科学会出席旅費給付生(ドイツGiessen大学留学)、京都大学再生医科学研究所器官形成応用分野助教授、財団法人京都大学後援会海外派遣事業(短期派遣)米国Miami大学研修などを経て、2002年に日本医科大学第一内科助教授。07年より付属病院再生医療科部長。同年、マゴットセラピーシステムを生産・販売する(株)バイオセラピーメディカルを創業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

高齢化により糖尿病患者が急増。その怖さを国民はあまり知らない。透析など医療費の膨張も大問題。再生医療との関わりも論じる。

【著者紹介】
日本医科大学付属病院再生医療科教授