PHP文庫<br> 面白くて眠れなくなる人体

個数:

PHP文庫
面白くて眠れなくなる人体

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年06月23日 00時54分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 224p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784569768137
  • NDC分類 491
  • Cコード C0140

出版社内容情報

鼻の孔はなぜ2つあるの? 脳そのものは、痛みを感じない? 最も身近なのに「未知の世界」である人体のふしぎを、わかりやすく解説!

内容説明

これだけ科学や医療が発達しても、人体はまだまだ謎だらけ。どんなコンピュータでも敵わない、「生命の営み」の精緻なメカニズムを知れば、きっと自分の身体を“見る目”が変わるはず。本書は、「食べ物をノドに詰まらせるのは人間だけ?」「唇が赤い理由は?」「脳そのものは痛みを感じない?」など、身近な疑問から“人体のふしぎ”をわかりやすく解説します。病気と健康への意識も高まる一冊。

目次

1 人体はふしぎに満ちている(誰かに話したくなる人体のはなし―その1;とても器用なノド―呼吸する、食べる、声を出す;「もぐもぐ」と哺乳類の進化 ほか)
2 面白くて眠れなくなる人体(誰かに話したくなる人体のはなし―その2;医学とギリシャ神話の意外な関係;黒い瞳と青い瞳では見えている色が違う? ほか)
3 人体は小宇宙(誰かに話したくなる人体のはなし―その3;精巣と月経のはなし;男女の性別はどうやって決まる? ほか)

著者等紹介

坂井建雄[サカイタツオ]
順天堂大学医学部教授。1953年、大阪府生まれ。東京大学医学部卒。東京大学医学部解剖学教室助手、助教授を経て1990年より現職。おもな研究は、人体解剖学、腎臓と血管・間質の細胞生物学、解剖学史・医学史。著書も多数ある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

スリーピージーン

10
本のタイトルをつけるのは出版社なのか?とにかく手に取ってもらおうと困っているらしく、トコトンやさしいだの、世界一やさしいだの、おもしろくて眠れなくなるだの、そういう本が近頃目立つ。これは本当におもしろいけど、眠れないというほどではない。じゃぁどんなタイトルなら人目をひくのかというとそれは思いつかない。書いてあることはふだん疑問に思っていることもあるので楽しく読めるけど、内容は決して簡単ではありません。いままで信じてたことは迷信や誤解だったのだと言うことがずいぶんありました。2018/07/01

たこ

1
2018年2月15日第1版第1刷発行、第7刷。難しい話しもありましたが、興味をそそられる話しがたくさん!疑問に思ったこともない不思議を改めて解き明かしてくれる良本。2024/03/22

Mayumi Nakano

1
眠れなくはならなかったけど、人体はまだまだ不思議が詰まっていて面白かった。他の眠れなくなるシリーズも読みたくなった。2019/01/26

syk

0
割と眠くなった。知ってる事も結構あったから初心者向けなのかな?と思ったけど、流し読みして頭に入ってこなかった部分も多く、いまいちターゲットがわかりにくい本のような気がした。浸透圧とか習った気がするな〜。でも当時苦手だったものは今でも頭に入ってこないもんなんだな〜。2020/12/28

Mikiti

0
CTスキャンって何だっけ?という疑問から、声が出る仕組まで、幅広いトピックがとても読みやすく書かれていて、楽しく読了。2020/02/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12645446
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。