PHP文庫<br> 日本人が知らない世界と日本の見方―本当の国際政治学とは

個数:
電子版価格 ¥599
  • 電書あり

PHP文庫
日本人が知らない世界と日本の見方―本当の国際政治学とは

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年05月19日 06時59分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 244p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784569761671
  • NDC分類 319
  • Cコード C0130

出版社内容情報

「戦争」「革命」「世界秩序」とは何か?――国際政治のリアリズムから日本の国家像と戦略を説いた、人気の“京大講義録”を書籍化!

【著者紹介】
京都大学名誉教授

内容説明

戦争と平和、そして世界秩序とは何か?―国際政治の矛盾とジレンマに満ちた実態を「歴史的アプローチ」から受講者に体感させた“人気の京大講義録”が待望の文庫化。「『列強』という言葉は不正確」「アングロサクソン由来の学問を直輸入できるか」「『国家』が再び重要となる時代へ」など、日本人の歴史的な経験や価値観を踏まえた国家戦略を指し示すことで“世界の見方”がクリアになる一冊。

目次

第1講 戦争の仕組み
第2講 地上のどこにもない場所
第3講 幻滅の二十世紀
第4講 アングロサクソンとは何か
第5講 「一超多強」の世界
第6講 日本文明が生き残るために

著者等紹介

中西輝政[ナカニシテルマサ]
1947年、大阪府生まれ。京都大学法学部卒業。英国ケンブリッジ大学歴史学部大学院修了。京都大学助手、三重大学助教授、スタンフォード大学客員研究員、静岡県立大学教授を経て、京都大学大学院教授。2012年、退官して京都大学名誉教授。専攻は国際政治学、国際関係史、文明史。1997年、『大英帝国衰亡史』(PHP研究所)で毎日出版文化賞・山本七平賞を受賞。2002年、正論大賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

5 よういち

89
国際政治学がどういうもので、どう活かせるのかを学ぼうと思ったが、著者の政治的思想によって捉え方が大きく変わってくるものだ。今回は保守系としての立場でのもの言いであることを念頭において読んだ。あまり普段首を突っ込まない世界なのでとても興味深く読めたのは間違いない◆国際政治学は欧米等先進国で始まった学問で第一次世界大戦がきっかけ◆国家が国民を騙す『大本営発表』◆大戦後、戦勝国はドイツに賠償を求めるが、こんなもの払いたくないとする国民がトヒラー政権を誕生させた。◆常任国の拒否権がない『国際連盟』は紛争を起こす。2019/02/08

奏市

12
国際政治について歴史を材料に解説した京大の講義を書籍化したもの。系統だった内容よりも興味を湧く話題に沿って進められたとの事。第四講『アングロサクソンとは何か』が面白かった。ギリシャ文明、ローマ帝国の継承者と自負するフランスからしたらアングロサクソン的とは非難めいた言葉で、矛盾、曖昧、理想とは遠い経験・実際主義を意味すると。日本と諸外国につきペリー来航の時期からの文明間の戦争だったという見方は、ロナルド・キーンさんの本やハンチントンの『文明の衝突』(今回の本で言及有り)で書かれていて頭に入ってきやすかった。2021/05/08

タイガー@津軽衆

6
通算25冊目、4月5冊目読了。2008年代の国際政治について保守派の重鎮、中西先生が講義したものを文章化したものらしいです。説明を簡易的でわかりやすいです。2008年代からこうなるぞという見通しがかなり当たっていて怖くなりました。かなり勉強になる本です。2018/04/25

じじちょん

3
10年前の本。 世界秩序の大きな流れについて、幕末の日本、アングロサクソンとパクス・ブリタニカ、パクス・アメリカーナ、難しそうだけど、歴史おんちの私にも分かりやすい。 「一超多強」超大国と第二グループの差が大きい時、秩序は安定する。力の格差が縮まると不安定になる。 ロシアと中国が同盟を結んだらどうなるか…アジアからアメリカを追い出せるかもしれないという所を読んでいたところで、ロシア侵攻のニュース聞いて鳥肌立った。2022/03/03

きむロワイヤル

3
2008年出版の一昔前の本なのに、今の世界でも十分通用する考え方でびっくり。日本がアメリカ・中国に勝つのは至難の業だが、勝つつもりで挑まないと到底国際社会で先頭集団にいるのは難しい。かといって、二番手集団に甘んじるには国力がありすぎるのと、地政学的に問題がある。日本は頑張って先頭集団にしがみつかないといけない。2017/05/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7984580

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。