PHP新書<br> テレビは見てはいけない―脱・奴隷の生き方

個数:
電子版価格 ¥650
  • 電書あり

PHP新書
テレビは見てはいけない―脱・奴隷の生き方

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2019年01月21日 22時25分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ B40判/ページ数 209p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784569699936
  • NDC分類 361.45
  • Cコード C0230

内容説明

日本人はなぜテレビに洗脳されるのか。CMに映し出される魅力的な商品、芸能人が着ている華麗なファッション、著名人が住んでいる高級マンション、有名店の豪勢な料理…それらはホントにあなたが欲しいモノですか?幸福な生き方ですか?「空気を読め」と画一的な価値観を強制してくる最強の洗脳装置を前に、知らぬ間に自分の心が書き換えられる原理とは。だれもが放送局になれる「キーホールTV」の開発・運営にも携わる希代の脳機能学者が、日本のマスメディアの危険性と裏事情に鋭く斬り込む。奴隷解放の人生指南。

目次

第1章 テレビは見てはいけない(視覚情報は最強の洗脳媒体;テレビはつくり手と受け手がともに「進化」してできた;脳の中の「臨場感空間」 ほか)
第2章 脱・奴隷の生き方(敵のパットを「入れ」と願ったタイガー・ウッズ;無意識が「理想の自分」を追いかける;犯罪者は子どものころから自己評価が低い ほか)
第3章 日本人はなぜお金にだまされやすいのか(麻原がイケメンに見えていたオウム信者;物理世界も目に映った情報にすぎない;臨場感を感じる三つの要素 ほか)

著者等紹介

苫米地英人[トマベチヒデト]
1959年東京都生まれ。脳機能学者、計算言語学者、認知心理学者、分析哲学者。上智大学外国語学部卒業後、三菱地所に入社。2年後イェール大学大学院に留学。同大学人工知能研究所、認知科学研究所研究員を経て、カーネギーメロン大学大学院に転入。計算言語学の博士号を取得する(日本人初)。帰国後、徳島大学助教授、ジャストシステム基礎研究所所長、通商産業省情報処理振興審議会専門委員などを歴任。現在は(株)ドクター苫米地ワークス代表、コグニティブリサーチラボ(株)CEO、天台宗ハワイ別院国際部長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

他人の目から解き放たれ、自分を高める生き方。

なぜ日本人はテレビに洗脳されるのか!? 画一的な価値観=空気を読むことを知らず知らずに強制される原理を、希代の脳機能学者が解説。

画期的な自己実現法で話題の希代の脳機能学者が初の新書を刊行!

▼あなたの脳は知らぬ間に毒されている!

▼洗脳のプロフェッショナルが教える「だまされない生き方」とは?

▼日本人はなぜテレビに洗脳されるのか。CMに映し出される魅力的な商品、芸能人が着ている華麗なファッション、著名人が住んでいる高級マンション、有名店の豪勢な料理……それらはホントにあなたが欲しいモノですか? 幸福な生き方ですか?

▼「空気を読め」と画一的な価値観を強制してくる最強の洗脳装置を前に、知らぬ間に自分の心が書き換えられる原理とは。だれもが放送局になれる「キーホールTV」の開発・運営にも携わる著者が、日本のマスメディアの危険性と裏事情に鋭く斬り込む。奴隷解放の人生指南。

▼【洗脳メディアの恐怖】

▼視覚情報は最強の洗脳媒体

▼テレビによく出る政治家が当選するのはなぜか

▼日本のテレビは3秒遅れで放送される

▼視聴率の真っ赤なウソetc.

●はじめに ――テレビという「洗脳装置」 
●第1章 テレビは見てはいけない 
●第2章 脱・奴隷の生き方 
●第3章 日本人はなぜお金にだまされやすいのか