続・時の迷路―明治、大正、昭和、そして未来へ

個数:

続・時の迷路―明治、大正、昭和、そして未来へ

  • ウェブストアに11冊在庫がございます。(2017年10月18日 12時53分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ A4変判/ページ数 24p/高さ 32cm
  • 商品コード 9784569689456
  • NDC分類 E
  • Cコード C8793

内容説明

さあ、時間旅行にでかけよう!今度の旅は、明治時代からはじまるよ。迷路をぬけ、かくし絵をみつけて、無事にゴールできるかな。

目次

旅立ちの公園
黒船(幕末)
文明開化(明治)
小学校(明治)
絹糸の村(明治)
銅山(大正)
博覧会(大正)
戦争の時代(昭和)
焼け跡の街(昭和)
昭和の横丁(昭和)
豊かな社会へ(昭和)
未来の博物館
もう一度時間旅行へ
迷路と問題の答え

著者紹介

香川元太郎[カガワゲンタロウ]
1959年、愛媛県生まれ。歴史考証イラストの専門家として、歴史雑誌や学習参考書などのために、多数の作品を描いている。また、日本画家でもあり、「東京の四季の花・木」シリーズなどの切手や、絵入り郵便ハガキで、多くの原画が採用されている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

「遊んで学べる」迷路シリーズ待望の第6弾!

精緻な絵の中に仕掛けられた迷路やかくし絵を解き、幕末から未来までの時間旅行をします。遊びながら、楽しく歴史を学べる迷路絵本。

迷路シリーズの第6弾。『時の迷路』につづく“歴史”がテーマの迷路絵本。

▼舞台は日本の江戸末期から明治・大正・昭和時代。黒船が来航した江戸時代の海岸の村、明治時代の文明開化で変貌を遂げた町、昭和時代の高度成長期の炭鉱の町など、歴史考証イラストレーターの著者が描いたそれぞれの時代の12の場面の中には、迷路とかくし絵があります。設問にしたがってそれらをといて、「時のトビラ」をくぐると、次の時代へと進んでいきます。全場面をクリアしたあとにも、新たな設問がまっていて、1冊で何度でも楽しめます。

▼小さな子どもでもできる迷路やかくし絵から、大人でも悩んでしまうような難易度の高い問題まで、年齢が異なる子ども達や大人が一緒になって、コミュニケーションをとりながら、家族みんなで楽しめる迷路絵本です。

▼時代考証をふまえた緻密な絵は、歴史学習の教材にもなります。

●旅立ちの公演 
●黒船(幕末) 
●文明開化(明治) 
●小学校(明治) 
●絹糸の村(明治) 
●銅山(大正) 
●博覧会(大正) 
●戦争の時代(昭和) 
●焼け跡の街(昭和) 
●昭和の横丁(昭和) 
●豊かな社会へ(昭和) 
●未来の博物館 
●もう一度時間旅行へ 
●迷路と問題の答え