現代思想入門―グローバル時代の「思想地図」はこうなっている!

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 233p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784569655611
  • NDC分類 133
  • Cコード C0010

出版社内容情報

デリダからネグリまで現代思想の完全見取り図。

ポスト構造主義からネオ・マルクス主義、英米リベラリズム、ポストコロニアル、帝国論まで、いまアクチュアルな現代思想の最新入門書。

浅田彰の『構造と力』が端緒となって現代思想ブームが起こったのは80年代。それから、20年あまりたち、冷戦の終焉、湾岸戦争、9・11からイラク戦争と、世界は大きく変わった。その中で、「哲学」に軸足をおいた思想はあまり注目を集めなくなったものの、「世界/社会」に軸足をおいた思想は、現代の思想シーンにおいてますます重要度を増している。本書では、「第二次大戦後に影響を持った思想」を「(正統)マルクス主義との距離の取り方」と「地域性」を考慮に入れ、(1)ドイツを中心とするフランクフルト学派、(2)フランスのポスト構造主義、(3)英米のリベラリズム、(4)カルチュラル・スタディーズ、ポストコロニアル・スタディーズなど西欧近代にとっての「他者」をめぐる思想、という4つの大きな流れを取り上げてまとめた。フーコー、デリダからロールズ、ネグリ&ハートまで19人の思想家と現代思想の新しい「見取り図」がわかる最新入門書。

[PART1]戦後「現代思想」の見取図 
[PART2]フランクフルト学派の批判理論 
[PART3]正義論としてのポスト構造主義 
[PART4]現代リベラリズムの冒険 
[PART5]西欧近代にとっての「他者」 

内容説明

「現代思想」は死んでません。フーコー、デリダからロールズ、ローティ、ネグリ&ハートまで「現代思想」の新しい見取図を徹底ガイド。

目次

1 戦後「現代思想」の見取図(「現代思想」の変遷)
2 フランクフルト学派の批判理論(フランクフルト学派の展開;マックス・ホルクハイマー―学際的唯物論から批判の道へ ほか)
3 正義論としてのポスト構造主義(ポスト構造主義の基本理念;ジャン・ボードリヤール―消費社会の神話と構造 ほか)
4 現代リベラリズムの冒険(現代リベラリズムとは何か;ジョン・ロールズ―公正としての正義 ほか)
5 西欧近代にとっての「他者」(カルチュラル・スタディーズとポストコロニアリズム;スチュアート・ホール―「保証なき」教育者/介入者 ほか)

著者等紹介

仲正昌樹[ナカマサマサキ]
1963年生まれ。東京大学大学院総合文化研究科地域文化研究専攻博士課程修了。金沢大学法学部教授。専攻は社会思想史、比較文学

清家竜介[セイケリュウスケ]
1970年生まれ。早稲田大学社会科学総合学術院助手。専攻は社会学、社会哲学。主要論文に「ジンメルと近代的自由」(『経済社会学会年報』第25号、第一回高田保馬賞奨励賞)など

藤本一勇[フジモトカズイサ]
1966年生まれ。早稲田大学第一文学部助教授。フランス哲学専攻

北田暁大[キタダアキヒロ]
1971年生まれ。東京大学文学部卒。同大学大学院人文社会系研究科博士課程退学後、筑波大学社会科学系講師を経て、東京大学大学院情報学環助教授。博士(社会情報学)。専攻は理論社会学、メディア史

毛利嘉孝[モウリヨシタカ]
1963年生まれ。専門は社会学・文化研究。京都大学経済学部卒。ロンドン大学社会学PhD。九州大学大学院助手・助教授などを経て、東京芸術大学音楽学部音楽環境創造科助教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

masabi

15
フランクフルト学派、ポスト構造主義、リベラリズム、カルチュラルスタディーズ、ポストコロニアリズムの主要な思想家とその著作を解説する。章末にブックガイドがついており発展も望める。2015/03/20

はすのこ

11
入門に適した1冊だと思う。ブックガイドと思想家紹介が大変有り難い。2016/04/11

あまん

5
フランクフルト学派、戦後フランス、カルチュラルスタディーズなど、確認することができた。文献紹介が豊富のため、ありがたい。読んでいきたい。2021/05/27

農明(ノウミョウ)

5
現代の哲学の方向性を読み取ることができ、哲学と社会と思想などが混ざり合って、すごい、こういう、世の中の読み解き方があるか、と勉強になった。2020/03/28

greenman

5
改めて読むと自分がいかに本を読めてないかを自覚してしまう。入門書というとどうしても軽く見てしまう傾向があるが、本書は実は著者たちによって、登場する哲学者たちの思想を「今」風に編集しているのだと気づいた。またフランクフルト学派のホネットの人倫観・社会的承認とコミュニタリアンが重視する個人の善・生の目的などの共通項があることも知った。またポスト構造主義の正義論はシステムのルールを徹底的に洗い出し、反復し続けるもので、英米系の正義論と根本的に違うこともようやく理解した。まだまだ理解することは多いなぁ。2014/05/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/105364

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。