• ポイントキャンペーン

税金ハンドブック〈2005年版〉―知って得する!

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B40判/ページ数 350p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784569638683
  • NDC分類 345.036

内容説明

最新の税制改正に基づき、税金の基本と実務をコンパクトに解説する。

目次

税金の基礎編(税の体系はどうなっている?;税法ができるまで ほか)
国税編(所得税;法人税 ほか)
地方税編(個人の住民税;法人の住民税 ほか)
付録(通勤手当の非課税限度額;住宅借入金等特別控除額の概要一覧 ほか)

著者紹介

北条恒一[ホウジョウコウイチ]
昭和15年、小樽高商(現・小樽商大)卒業。現在、公認会計士、商学博士。日本ペンクラブ会員・日本会計研究学会会員・租税法学会会員。元・拓殖大学教授(大学院・租税法)

出版社内容情報

実務に最適の税金のポケット情報活用事典。

ビジネスパーソンが常識として知っておくべき税金の実務内容を、税金の基礎編、国税編、地方税編の3つに分けて解説する。

日本の税金のしくみは、世界に類を見ないほど複雑で、わかりにくい。本書は、そうした複雑な税金のしくみを、一般のビジネスパーソンから実務担当者までが使えるように、税金の基本と実務をコンパクトにまとめたものである。税金の基本編、国税編、地方税編の3編と、付録から成る。

▼具体的には、「直接税と間接税とのちがいは?」「青色申告の制度とは?」「法人税からの税額控除」「相続税の納税義務者と法定相続人」「贈与税の課税財産と非課税財産」など。

▼今回の改正で特筆すべき点は、(1)納税者からの事前照会に対する文書回答の実施、(2)所得税(国税)収入の一部を都道府県、市町村に譲与する所得譲与税の創設、などである。

▼巻末の付録には、「印紙税」「給与所得の源泉徴収税額表」「賞与に対する源泉徴収税額の算出率の表」などがあり、実務担当者に便利である。

▼1993年版(初版)以降、累計10万部を超えるロングセラーの最新年版!     

[税金の基礎編]
●税の体系はどうなっている? 
●税法ができるまで 
●徴税の仕組みはどうなっている? ほか 
[国税編]
●所得税 
●法人税 
●連結納税制度について ほか 
[地方税編]
●個人の住民税 
●法人の住民税 
●利子割 ほか