齋藤孝の「ガツンと一発」シリーズ<br> 家族はチームだもっと会話をしろ!

個数:
電子版価格 ¥800
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

齋藤孝の「ガツンと一発」シリーズ
家族はチームだもっと会話をしろ!

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ A5判/ページ数 94p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784569638645
  • NDC分類 K367

内容説明

家族というのは、みんなで助け合うチーム。メンバーにはそれぞれ、役割がある。キミにしかできないことも、あるんだ。家族を元気にする会話隊長になれ。

目次

1 家族はパワーの源だ!
2 キミのこれまでの人生を点検しよう(キミの一生は「赤ちゃん時代」から始まる;家族はお世話し合うチームだ! ほか)
3 キミの親は毎日狩りに出ているんだ!(キミにお金をくれるのは、だれだ?;自分で稼げるようになるまで、がまんしろ! ほか)
4 キミたちには家族と話をする義務がある!(キミは“会話隊長”だ!;子どもたちだけが持っている、すごい力って? ほか)
5 家族は未来へつながっていく(キミも将来、狩りをする;父も子もオリジナルな人生―オリンピック金メダリストの室伏広治さん ほか)

著者紹介

斎藤孝[サイトウタカシ]
1960年、静岡県生まれ。東京大学法学部卒業、東京大学大学院教育学研究科を経て、現在は、明治大学文学部教授。専攻は教育学、身体論、コミュニケーション技法。ミリオンセラー『声に出して読みたい日本語』(草思社)などで、空前の日本語ブームを起こす。『会議革命』(PHP研究所)などビジネスマン向けの著作が多いが、最近はNHK教育テレビ番組『にほんごであそぼ』を企画・監修し、幼児とその母親たちからの人気も高い。小学生向けの塾「斎藤メソッド」を主宰

出版社内容情報

小学生に向けて直接語りかけるシリーズ第5弾。

どうして家族って、大事なの? 子どもの役割って、何なの? 子どもと話をしたいけれど、きっかけがつかめない親にとっても必読の書!

生きていくうえで大切だと思うことを、子どもたちに向かってはっきりと語りかけるベストセラー・シリーズ第5弾。小学校低学年生でも一気に読めるように、総ルビをふり、挿絵も豊富に楽しい本に仕上げました。

▼家族と話をするのってメンドクサイ……小学校も高学年になると、だんだんそんなふうに思いはじめるもの。親は「ああしろ、こうしろ」とうるさいし、友だちのことを話すのも恥ずかしい。でも、それは大間違い! 自分を守ってくれるのは家族だけだし、家族を元気づけることができるのは子どもなんだ。そうやって、冷たい世間と戦うのが家族というチームなんだ!

▼おもな内容は、「お母さんの手づくりご飯が一番おいしいのは、なぜ?」「キミにお金をくれるのは、だれだ?」「自分で稼げるようになるまで、がまんしろ!」「子どもたちだけが持っている、すごい力って?」など。

▼部屋にひきこもりがちな子どもがいなくなる、厳しくも心あたたまる一冊。

[1]家族はパワーの源だ! 
[2]キミのこれまでの人生を点検しよう 
[3]キミの親は毎日狩りに出ているんだ! 
[4]キミたちには家族と話をする義務がある! 
[5]家族は未来へつながていく