• ポイントキャンペーン

この難読漢字が見えますか?―隠し文字3Dイラストクイズ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B5判/ページ数 63p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784569638638
  • NDC分類 727

内容説明

立体視に関する書籍は、これまでもたくさん出版されてきたが、それらの多くはイラストや写真などを素材にしており、イメージを見て楽しむものでした。本書では、3Dイラストをすべて漢字で構成することで、3Dイラストを眺めて楽しむだけでなく、イラストの中にどんな漢字が隠されているかを探し出す、という新たな楽しみが加わっている。

著者紹介

秋本恭一[アキモトキョウイチ]
3Dアーティスト、グラフィックデザイナー。1964年、東京生まれ。東京デザイナー学院卒業後、デザイン事務所勤務を経て94年に独立。「ユニーク&インパクト」をコンセプトに、カタログ、企業PR誌、ポスターの制作から、単行本の装幀・本文デザインなど、数多くの作品を手がける。最近は3Dイラストの技術を駆使した作品にも活動の領域を広げており、単行本のほか、雑誌等でも取り上げられている

出版社内容情報

3Dで描かれた絵の中から難読漢字を探す本。

3Dで描かれた絵の中に潜む「難読漢字」を探し出せ! 頭脳活性化にも役立つ3D絵本と、漢字クイズをミックスさせた画期的な一冊。

3Dで描かれたイラストの中から絵が浮かび出る本はたくさん出版されているが、漢字ばかり、しかも難読漢字が浮かび出る本は初めてである。

▼本書は、単に3Dイラストから漢字を見つけ出すだけでなく、(1)3Dの中の漢字を見つけ出す、(2)漢字の読みを答える、(3)読めたらクロスワードパズルに挑戦する、といった流れで、1つのイラストで3回楽しめるような構成になっている。

▼漢字が見えるようになるためには、当然やり方を習得することが必要だが、初心者にもそのテクニックを習得できるように、詳しいやり方の説明や、簡単な練習問題も用意されていて、これまでどうしても見えなかった人にも取り組んでもらえるような工夫がなされている。

▼著者の秋本恭一氏は、気鋭のグラフィックデザイナー・3Dアーティスト。『3Dの不思議な目の旅』(中経出版)などの著書がある。

▼脳が鍛えられ、視力もよくなるといわれる3D絵本の中でも最高傑作といえる一作だ。