• ポイントキャンペーン

「ぷち依存」生活のすすめ―いまの人生をもっと楽しく生きるための心理学

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 150p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784569638584
  • NDC分類 140.7

内容説明

もしかして○△※にハマりすぎ?「依存」とうまくつきあうことであなたの日常生活はきっと変わる。恋人・ネット・ギャンブルなどへのあなたの依存度が簡単にわかる心理テスト付き。

目次

1 人間関係(友達;恋人 ほか)
2 生活(ショッピング;ペット ほか)
3 メディア(テレビ;ネット ほか)
4 モノ(ブランド;通販 ほか)

著者紹介

植木理恵[ウエキリエ]
1975年大分県生まれ。心理学者。東京大学大学院教育心理学コース博士課程を単位取得退学後、日本学術振興会特別研究員。現在は慶応義塾大学非常勤講師もつとめる。おもに青年期を対象とした認知心理学を専門としている。また、ヒデキ・ワダ・インスティテュート客員研究員として、企業向けメンタルヘルスにたずさわっている

和田秀樹[ワダヒデキ]
1960年大阪市生まれ。東京大学医学部卒。東京大学付属病院精神神経科助手、米国カールメニンガー精神医学校国際フェローを経て、現在は精神科医。心理学をビジネスに応用するシンクタンク、ヒデキ・ワダ・インスティテュート代表。「緑鉄受験指導ゼミナール」代表。2004年1月より「学力向上!親の会」発足

出版社内容情報

なにかに依存して生きることはぜんぜん悪くない。はまりすぎず「ぷち依存」な生き方こそがストレス社会をうまく生きる知恵なのです。

あなたはいったい何のために働いているのですか? もちろん、「仕事が楽しいから」「働いていると充実感が味わえるから」というように、仕事内容そのものに、楽しさや意義を見出している人も少なくないでしょう。それは本当に素晴らしいことです。でも、それがもし「仕事が唯一の趣味で、これといって他にハマるものもないから」という状態なら、それは少し寂しい人生であるかもしれません。私はこの本を通して「依存ゼロ」といった味気ない状態でもなく、かといって「依存症」という病気でもない、理想的な新しい依存のかたち、つまり「ぷち依存」を提起し、その具体的生活へのアドバイスを提案するものです。上手に「ぷち依存」できて、メリハリのある楽しい「ぷち依存」生活を過ごすために、そして、あなたにぴったりの依存対象を見つけるために、本書は必ず役に立つはずです。もしかして、何かにハマリすぎと思っている人は、各心理テストがおすすめです。