• ポイントキャンペーン

テロリストが東京を襲う日

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B40判/ページ数 317p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784569636399
  • NDC分類 913.6

内容説明

どこが、どう狙われるのか?「民間機乗っ取りによるマンハッタン突入」を見事に予測した著者が、無防備国家・日本に警告する戦慄のシナリオ。

著者紹介

柘植久慶[ツゲヒサヨシ]
1942年、愛知県生まれ。1965年、慶応義塾大学法学部政治学科卒。在学中より、コンゴ動乱やアルジェリア戦争に参加。1970年代初頭よりアメリカ特殊部隊に加わり、ラオス内戦に従軍する。1986年より作家活動に入る。著書多数

出版社内容情報

東京を襲うテロの超シミュレーションノベル。

無防備都市・東京を狙って、アルカイダ、ヒズボラ、北朝鮮などのテロ組織が世界を股にかけて動く! 東京の運命は?

スペイン列車爆破テロ、イラクでの日本人人質事件、相次ぐ米軍とゲリラとの衝突……。国際情勢は、今現在を「戦時体制」と呼ばずして、なんと呼んだらよいのだろう? 本書は、「アルカイダのテロ予告は、『日本への宣戦布告である』」と断言する著者による、シミュレーションノベル。日本の中枢に対するテロを、著者が「自分がテロリストならここをこう狙う」という想定に基づいて立てられたシナリオに沿って、驚くべき事態が進行してゆく。「民間機乗っ取りによるマンハッタン突入」を見事に予測した著者が、無防備国家・日本に警告する、戦慄のシナリオである。

[1]アルカイダ、動く 
[2]ヒズボラの目論見 
[3]別荘 
[4]作戦計画 
[5]下見 
[6]ピックアップ 
[7]情報 
[8]Xデイ前日 
[9]テロ決行 
[10]突入 
[11]混乱