• ポイントキャンペーン

ナポレオンは殺された―犯人・殺害方法・動機まで、驚愕の真相

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 232p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784569634890
  • NDC分類 289.3

内容説明

たとえ知っていても、決して語ってはいけない…。歴史には、そのような闇がある。ナポレオンの最後についても、関係者の誰もが、口を閉ざした。栄光の戴冠から二百年。ついに事実の扉が開き始める。

目次

英雄ナポレオンの激動の人生(落日の英雄;ナポレオンの最期 ほか)
遅すぎたナポレオン毒殺説の登場(毒殺!?フォーシューフット博士の着眼;ナポレオンに砒素中毒の疑いが!? ほか)
明かされる謎(容疑者モントロンという男;着想は毒殺魔ブランヴィリエ侯爵夫人から ほか)
さらなる進展(発見された大量の新資料;モーリの新たな推理 ほか)
謎が謎を呼ぶナポレオンの死(総督ロウ容疑者説;イギリス共犯説 ほか)

著者紹介

桐生操[キリュウミサオ]
パリ大学(ソルボンヌ大学)・リヨン大学に留学、フランス文学および歴史を専攻する。帰国後、人物の評伝をはじめ、歴史の知られざるエピソードをさまざまな形で紹介、好評を得ている

出版社内容情報

未だ多くの謎に満ちたナポレオンの死の真相。

ナポレオンの死は、殺人だった! その殺害方法、犯人について、謎とドラマに満ちた真相のベールをミステリアスに剥がす。

たとえ知っていても、決して語ってはいけない……。歴史にはそのような闇がある。ナポレオンの最後についても、関係者の誰もが、口を閉ざした。栄光の戴冠から二百年。ついに、事実の扉が開き始める。一体、誰が、どのように、そしてなぜ、英雄を葬ったのか? 絶海の孤島・セントへレナでの惨劇を、最新史料に基づき、わかりやすく描く。読み応えある一冊。

●英雄ナポレオンの激動の人生 
●遅すぎたナポレオン毒殺説の登場 
●明かされる謎 
●さらなる進展 
●謎が謎を呼ぶナポレオンの死