• ポイントキャンペーン

ただ一人の個性を創るために

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 235p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784569634661
  • NDC分類 370.4

内容説明

教育の最終責任者は自分である。その次が親である。教師は三番目である。自分と親たちは、その義務を果たしてきたか?貧困も病気も動乱も、決して個人を育てるうえでマイナスになるとばかりは限らないし、平和、豊かさ、いい環境が必ずしも個人にとって願わしいものともなりえない。そういう意味で、著者は日本に絶望もしないし、手放しの希望も持たない。個性は自分で創るのだ。どこででも、いかなる環境ででも、その気さえあれば、ということだ。

目次

奴隷として生まれた自由人
懐の中の星
ガンジスを眺める人たち
「うちはうちだ!」
両面教育
「八人の部屋」
第三の悪
タリバンの生活
人間か猿か
今日は夫の結婚式〔ほか〕

著者紹介

曽野綾子[ソノアヤコ]
1931年、東京生まれ。聖心女子大学英文科卒業。53年、作家の三浦朱門氏と結婚し、翌年「遠来の客たち」が芥川賞候補となり文壇デビュー。以来、人間の罪と欲望、信仰、家族、老い、教育など幅広い分野で小説やエッセイを発表。その一方で、各種審議会委員や「日本財団」会長として精力的な社会活動を展開している。79年、ローマ法王庁よりヴァチカン有功十字勲章受章。その他数々の賞を受ける