• ポイントキャンペーン

教育が拓く未来―変わり始めた現場からの提言

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 196p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784569634562
  • NDC分類 370.4

内容説明

「戦後民主主義教育」「ゆとり教育」の失敗を超えて、気がついた大人たちはもう取り組んでいる!子どもたちを伸ばす意欲的な実践を報告。

目次

第1章 黙り込む子どもたち―「ゆとり教育」がもたらした学力低下の恐るべき実態
第2章 陰山メソッドで子どもが輝く―「考える力と学ぶ意欲」を高める画期的な基礎教育法
第3章 教科書で教えない理科―学習指導要領を超越した「面白い科学教育」への試み
第4章 「日本史」を教えない歴史教育―子どもたちに「日本を愛する心」をどう芽生えさせるか
第5章 すべての科目が道徳教育―子どもの倫理観を高める「板橋区立新河岸小学校」の人間育成
第6章 電卓に頼りきる算数教育―小数第二位以下を学ばせないで技術立国が保てるか
第7章 読書が養う人間力―生きたことばを自由自在に使いこなせる子どもは伸びる

著者紹介

桜井よしこ[サクライヨシコ]
ベトナム生まれ。ハワイ州立大学歴史学部卒業後、「クリスチャン・サイエンス・モニター」紙東京支局勤務を経て、1980年から16年間にわたり日本テレビ系のニュースキャスターを務める。現在、もっとも注目されるジャーナリストとして活躍中。なかでも『エイズ犯罪・血友病患者の悲劇』(中央公論新社、94年大宅壮一ノンフィクション賞受賞)は、薬害エイズ問題の真相に迫る力作。98年、『日本の危機』(新潮社)および一連の言論活動で第46回菊池寛賞受賞