• ポイントキャンペーン

「生命を守る家」のつくり方―建築のプロが教える

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 357p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784569633572
  • NDC分類 527

内容説明

なぜ日本の家は寿命が短いのか。なぜ日本の家は地震に弱いのか。家を建てる前に身につけるべき「住まいの基礎知識」を網羅した本。

目次

日本の家づくりは間違っている
日本の住宅はヨーロッパに学ぶべき
戦前までの日本の住まい
人は何のために家を持つのか
日本の家はなぜ寿命が短いのか
日本の気候と地震の予備知識
住まいの基本構造を知る
これからの日本の住まい
高気密・高断熱の住まいとは
アレルギー疾患をなくそう
内断熱工法の欠陥
外断熱工法が本当によいのか
身近な環境を考える―イオンと水と安全
ヤシ殻活性炭を住まいに
住まいづくりに必要な易学

出版社内容情報

日本人の誤った住宅観に警鐘を鳴らす本。

日本人は家をつくる際に、施工する側の言いなりになっていないか? 建てたあとで後悔しないための基礎知識を網羅した住宅の教科書。

なぜ日本の家は寿命が短いのか。なぜ日本の家は地震に弱いのか。それは、日本特有の気候や災害に耐えられる家を建てていないからである。しかし、わが国では、ハウスメーカーや工務店が提案する「家」を疑うこともなく受け入れ、多くの人は「建ててもらう」という意識で家を買ってきたのが現状である。そして、実際に住んでみてはじめて、いろいろな不具合や住みづらさに気づくというパターンを繰り返してきたといっていい。ところが、そのときはもう遅いのである。一生の家づくりなのに、なぜ業者任せにしてしまうのか。日本人一人ひとりが住宅に関する基礎知識を身につけなければ、いつまでたっても日本の家は欧米のように何百年ももつ家にはならないと著者は訴える。本書は、住まいの基本構造から、いま流行の「高気密・高断熱」「シックハウス」「マイナスイオン」「ヤシ殻活性炭」まで、家づくりに必要な知識を網羅。家をつくる前にぜひ読んでほしい一冊。

●第1章 日本の家づくりは間違っている 
●第2章 日本の住宅はヨーロッパに学ぶべき 
●第3章 戦前までの日本の住まい 
●第4章 人は何のために家を持つのか 
●第5章 日本の家はなぜ寿命が短いのか 
●第6章 日本の気候と地震の予備知識 
●第7章 住まいの基本構造を知る 
●第8章 これからの日本の住まい 
●第9章 高気密・高断熱の住まいとは 
●第10章 アレルギー疾患をなくそう 
●第11章 内断熱工法の欠陥 
●第12章 外断熱工法が本当によいのか 
●第13章 身近な環境を考える―イオンと水と安全 
●第14章 ヤシ殻活性炭を住まいに 
●第15章 住まいづくりに必要な見学