• ポイントキャンペーン

グラフ活用の技術―データの分析からプレゼンテーションまで

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 198p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784569633398
  • NDC分類 336.1

目次

序章 データの表現とグラフの効用
第1章 基本的なグラフ
第2章 分布を見るグラフ
第3章 関係を見るグラフ
第4章 集計表のグラフ
第5章 見やすさで選ぶグラフ
第6章 グラフ活用上の注意点
第7章 グラフ活用の実例

著者紹介

内田治[ウチダオサム]
東京情報大学総合情報学部環境情報学科助教授。法政大学非常勤講師。専門分野は統計解析、多変量解析、品質管理

出版社内容情報

棒グラフと折れ線グラフはどう使い分ける? 企画書やプレゼンに、論文やレポートに、グラフの有効な使い方・見せ方を一挙紹介!

グラフは、データを分析するためのもっとも基本的な道具であると同時に、もっとも重要な役割を果たす道具である。高度なデータの統計処理を行うときにも、最後は分析結果をグラフで表現することが多く、また、統計処理の前段階としてグラフを活用することも多い。他方、グラフの役割はデータの分析だけでなく、データから得られる情報を視覚に訴えて、第三者に伝えるという役割もある。これはプレゼンテーションのためのグラフ活用と言えよう。

▼グラフは誰にでも簡単に利用できる道具であり、今日ではパソコンを使って簡単に作成することができる。しかし、簡単に利用できるがためか、著者によれば、有効に活用していない例、誤用例、乱用例も数多く見られるという。本書は、グラフの活用方法と誤りやすい例を提示することで、企画書やプレゼンに、論文やレポートに、グラフの有効な使い方・見せ方を一挙紹介する。今までありそうでなかった“グラフの教科書”。

●第1章 基本的なグラフ 
●第2章 分布を見るグラフ 
●第3章 関係を見るグラフ 
●第4章 集計表のグラフ 
●第5章 見やすさで選ぶグラフ 
●第6章 グラフ活用上の注意点 
●第7章 グラフ活用の実例